ロボット技術をベースにした、テレマティクスと自動運転のリーディングカンパニー

お問い合わせ

【採用情報】新卒、第二新卒、ポスドク、キャリア 30名募集しております(業種:ソフトウェア、エレキ、メカ、経理、営業、広報)

トップ > ニュース > プレスリリース > 一人乗りロボットEV RoboCar® MEVのCOMS版発売開始 〜“オープンプラットフォーム”で研究開発を加速〜

報道関係者各位


2011822

株式会社ゼットエムピー

 

一人乗りロボットEV RoboCar® MEVCOMS版発売開始

〜“オープンプラットフォーム”で研究開発を加速〜

 

 株式会社ゼットエムピー(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒)は本日、次世代自動車の研究用プラットフォームRoboCar® MEVのベース車両に、市販車であるトヨタ車体株式会社製超小型電気自動車COMS(コムス)を採用したRoboCar® MEV-Cの発売を開始いたしました。用途は次世代自動車の安全技術やエコ走行など、環境技術の研究用と自律移動ロボットの開発用が想定されます。

 

 弊社は2009年以降、次世代自動車研究用プラットフォームRoboCar®シリーズを展開し、実車の1/10サイズのRoboCar® 1/10から一人乗りロボットEV RoboCar® MEVまで販売してまいりました。RoboCar® MEVは車載LAN規格であるCANControl Area Network)プロトコルを開示したオープンプラットフォームになっており、自動車および部品メーカ、大学、研究機関が自由に自社製品、技術を評価できる点が高い評価を得ています。

 トヨタ車体社製COMSは、車体が小型、軽量で、また、市販車として10年の販売実績があり高い信頼性が確保されていることから、ユーザがより安心して研究開発に活用できるものと考え、今回、採用に至りました。

 

 価格は、Type A(ドライブバイワイヤ、高精度車載センサを搭載)が268万円、Type BAに加え、ステアバイワイヤを搭載)が468万円、Type CBに加え、自動ブレーキシステム、ステレオカメラ、慣性センサを搭載)が668万円〜(いずれも税別)。その他、ご要望に応じてのカスタマイズも可能です。

 

一人乗りロボットEV RoboCar® MEV

http://www.zmp.co.jp/e-nuvo/jp/robocar-mev.html


【システム構成(例)】 

 

【仕様】

 

種別 駆動制御
駆動方式 原動機付自転車/ミニカー 後輪インホイール モータ 三相交流モータ
寸法・重量 モータ定格出力[kW] 0.29×2
全長[m] 2.3 ホイールエンコーダ 非接触磁気式
全幅[m] 1.0 エンコーダ分解能 2.5°(タイヤ周上で10mm)
全高[m] 1.6 制御周期 10ms
ホイールベース[m] 1.7 通信規格 CAN
トレッド[m] 0.8/0.8   ■オプション
空車重量[kg] 310
走行装置 装備仕様
操舵機構 SBW、ラック&ピニオン ルーフセンサ RoboVision、POSITON-Z、IMU-Z
サスペンション形式(前後) ダブルウィッシュボーン バンパセンサ(前/後) レーザレンジセンサ
  ダブルウィッシュボーン 計測機器 実験操作用PC
制動機構 4輪油圧式ドラムブレーキ 通信 Bluetooth
駐車ブレーキ 機械式ドラムブレーキ(前輪) その他オプション仕様
タイヤサイズ 90/90-12 54J 車両 二人乗り車両(前後:タンデム、横:パラレル)
通信 無線LAN 電源 リチウムイオン電池
電源 駆動 四輪駆動対応
鉛蓄電池[V] 72 外装・内装デザイン カーデザイナーによるオリジナルデザイン
定格容量[Ah] 40 インタフェース iPhone、iPad、Android、Windows Mobile端末対応アプリケーション開発
補助電源[V](鉛蓄電池) 12  
充電器 プラグイン充電/AC 100 [V]

 

 

 

【価格(税別)】

  Type A
268万円
Type B
468万円
Type C
668万円〜
ドライブバイワイヤ
高精度車速センサ
ステアバイワイヤ  
自動ブレーキシステム    
センサ
(RoboVision、POSITION-Z、IMU-Z)
オプション オプション

 

【本件に関するお問合せ】

株式会社ゼットエムピー 今西暢子 TEL: 03-5802-6901 E-Mail: info@zmp.co.jp

 

 

株式会社ゼットエムピー http://www.zmp.co.jp/

私たちは、次世代モビリティの安全・環境・省力化に貢献する企業を目指します。

10年以上にわたるロボット開発と3,500台の販売実績をベースに、次世代自動車の開発用プラットフォーム、ロボット・移動制御技術のライセンス、センサ・画像認識ソリューション、リチウムイオン電池システム、大学、企業のエンジニア研究用・教育用ロボットと5つの事業を展開しています。

創業は20011月文部科学省傘下の科学技術振興機構から技術移転を受け設立。日本ロボット学会実用化技術賞、経済産業省「今年のロボット大賞 最優秀中小・ベンチャー企業賞、中小企業基盤整備機構理事長賞」など数多くの賞を受賞。私たちはこれからも、ロボット技術やサービスで、イノベイティブな製品を生み出してまいります。


掲載されている情報(製品の価格/仕様など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ロボット 社長 ブログ

車の外部環境センシング最新技術

業界初のカー・ロボティクス専門書

▲ページ最上部へ