ロボット技術をベースにした、テレマティクスと自動運転のリーディングカンパニー

お問い合わせ

【採用情報】新卒、第二新卒、ポスドク、キャリア 30名募集しております(業種:ソフトウェア、エレキ、メカ、経理、営業、広報)

トップ > ニュース > プレスリリース > ゼットエムピーと米国GeckoSystems社協業へ 第2報 —次世代モビリティの分野で技術交流及び共同マーケティングを実施のために自律移動サービスロボット技術評価を成功裡に終える−

報道関係者各位


2012年9月24日
報道関係者各位


ゼットエムピーと米国GeckoSystems社協業へ 第2報
—次世代モビリティの分野で技術交流及び共同マーケティングを実施のために
自律移動サービスロボット技術評価を成功裡に終える−


ロボットプラットフォームBaseBot

技術評価メンバーとBaseBot (ZMPにて)

CareBot

 株式会社ゼットエムピー(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下 ZMP)とGeckoSystems International Corporation(米国ジョージア州、CEO:マーティン・スペンサー、以下 GSIC)は、この度、ZMPがGSICの基本技術ロボットプラットフォーム「BaseBot (愛称”Lou”)」の技術評価を成功裡に終えたことをここに発表致しします。

 先にプレスリリース第一報でお知らせしました通り、ZMPとGSICは、相互技術交流や日米及び世界各国における共同マーケティングを開始する旨の覚書を締結し、協業を進めております。この度その第1段階として、ZMPはGSICの基本技術ロボットプラットフォーム「BaseBot」の技術評価を行いました。BaseBotは、外界センサとしてキネクトを搭載した高さ約100cmの車輪型ロボットプラットフォームで、自律移動サービスロボットに必要となる基本的なハードウェア、ソフトウェアを装備しており、大変完成度の高い優れたソフトウェアによって構成されていることを確認致しました。GSICにおいては、BaseBotをベースとし、より高度なナビゲーションと洗練されたユーザインタフェースを搭載したフラッグシップモデル「CareBot」もラインナップしております。CareBotは高齢者の生活支援を主用途としており、日本国内においても活躍が期待されるため、ZMPにおいては、CareBotも含めマーケティングを進めてまいります。

 両社は、自律移動サービスロボット分野において、世界の人々が安心して快適な生活を送るためのサポートとなるロボット技術及び製品を開発、提供する事を目指してまいります。

【GeckoSystems International Corporationのご紹介】


掲載されている情報(製品の価格/仕様など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ロボット 社長 ブログ

車の外部環境センシング最新技術

業界初のカー・ロボティクス専門書

▲ページ最上部へ