ZMP > ZMPラボ

Contact

 

自動運転

2016年2月に実施された神奈川県藤沢市の公道における自動運転サービス実証実験においてはZMPが開発した自動運転システムを搭載した車両が用いられており、イノベーターとして挑戦し続けています。研究フェーズから実用フェーズへの早期ステージアップを目指し、2016年3月には自動運転公道パッケージをリリース致しました。

ZMPの自動運転システムは、カメラやレーザーなど様々なセンサで周囲の環境をセンシングし、独自の人工知能技術により統合することで正確な自車位置を推定します。これによりGPSが不安定になる都市部でも安定した走行が可能になります。

カメラ、レーザー、ミリ波レーダなどのセンサを駆使して、周囲の他の車や歩行者などの状況を常に把握し、公道の複雑な環境でも安全かつスムーズに走行することができます。

現在では2017年1月に株式会社ZMPが自動運転車開発プラットフォームRoboCar MiniVanを用いた、公開公道走行実験に引き続き、2020年東京オリンピックの開催エリアでもあり交通量も非常に多いお台場の交通環境においてレーンチェンジや交差点右左折などの機能を開発、検証を行った公道走行試験を行っております。

走行動画はこちらからご覧いただけます。

 

自動運転実証実験 お台場公開公道走行動画

ZMPは2017年1月から開始しております自動運転車開発プラットフォームRoboCar MiniVanを用いた、公開公道走行実験を行っており、レベル4による自動運転タクシーサービス実現に向けて、2020年東京オリンピックの開催エリアでもあり交通量も非常に多いお台場の交通環境においてレーンチェンジや交差点右左折などの機能を開発、検証を行った走行試験を行っております。

システムの開発にはZMP独自の自動運転フレームワーク”IZAC”を使用しており、用途に合わせたシステムの拡張・変更を効率的に行うことができ、いわゆるプラットフォームとして汎用性のあるパッケージ設計を実現しています。これらのパッケージ製品・サービスに関するお問い合わせは弊社までお気軽にご連絡下さい

技術的な取り組み

セマンティック・セグメンテーション
――計測した画像のピクセル毎にクラス分けを行って、ピクセルがどのクラスのオブジェクトに属しているのかをラベリングを行っております。ディープラーニングによるニューラルネットワークにより人や車、標識や白線などのを認識しています。

関連製品

robocarserie

RoboCar®MiniVan

RoboCar® PHV/HV

RoboCar® MV2

RoboCar® 1/10

 

 

お問合せはこちらよりどうぞ

request form

 

COMMUNITY

facebookyoutube