ZMPニュース > 人間の動作と作業対象の動きを同時に計測可能なモーションキャプチャシステムを販売開始

News

 

人間の動作と作業対象の動きを同時に計測可能なモーションキャプチャシステムを販売開始

本製品は、3軸加速度・3軸ジャイロ・3軸地磁気センサを搭載した小型モーションセンサを17個と、任意の対象物に取付可能なセンサ1個、専用全身スーツ、計測用機器、および、ソフトウェア開発環境から構成され、すぐにモーションキャプチャシステムの構築ができます。

人間の動作計測は様々な分野でニーズがあります。身体にマーカを取り付け複数のカメラで計測する光学式のモーションキャプチャも存在しますが、高価であること、また、カメラの設置してあるスタジオでないと計測ができない、といった課題があります。本製品は、小型センサを全身と作業対象物に取付け、ワイヤレスで計測が可能なため、場所にとらわれず計測が可能です。例えば、自動車分野では、ドライバーの全身にセンサを取り付け、ステアリングにセンサを取り付けることで、ドライバーの運転動作とステアリングの動きを同期して計測が可能です。そのほか、乗員の乗降動作とドアの動きの計測や、自動車以外の分野でも、工場での作業者の動作と対象物の動きの把握などで、様々なシーンでご活用頂けます。

 

 

詳しくは以下のリックにアクセスしてください。

全身モーションキャプチャシステム ZMP IMU-Z BodyMotionセンサパッケージ

http://www.zmp.co.jp/products/imu-z_bodymotion