ZMPニュース > 車載 CAN データ送受信機「カートモ®UP PRO 2014」販売開始

News

 

車載 CAN データ送受信機「カートモ®UP PRO 2014」販売開始

株式会社ゼットエムピー(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、当社の実車 1/10 スケールのミニチュアカー「RoboCar® 1/10 」 に 、 AUTOSAR OS 仕 様 ベ ー ス の リアルタイムOS「TOPPERS/ATK2 」 の搭載が可能な「RoboCar® 1/10 for AP(Automotive Platform)」の販売を開始しました。 AUTOSAR 仕様は、大規模化・複雑化する車載ソフトウェアの開発効率、信頼性向上に向けて策定が行われている、車載ソフトウェアの世界標準規格です。TOPPERS/ATK2 は、名古屋大学付属組込みシステム研究センターを中心に開発され、TOPPERSプロジェクトにて公開されている AUTOSAR OS 仕様ベースの自動車制御用リアルタイム OS です。 RoboCar® 1/10 for AP(Automotive Platform)は、当社の実車 1/10 スケール「RoboCar® 1/10」をベースに、マイコンとして自動車 ECU 用のルネサスエレクトロニクス社 V850 を採用、TOPPERS/ATK2の搭載が可能としたモデルです。OS およびロボットカーを制御するためのアクチュエータ、センサ、通信モジュール用のドライバなど主要なソフトウェアはTOPPERS プロジェクトにより公開され、本ロボットカー に 搭 載 が 可 能 と な り ま す 。 本 シ ス テ ム は 、AUTOSAR 仕様ベースの車載制御システムの研究開発、また、その学習用にご活用いただけます。
RoboCar® 1/10 for AP(Automotive Platform)の価格は一般 56 万円(税別)/アカデミック 49.8 万円(税別)で、本日より受注を開始します。

RoboCar® 1/10 for AP(Automotive Platform)
http://v1www.zmp.co.jp/robocar-110_package_option.html#ap

特徴

・ 実車 1/10 スケールミニチュアカー「RoboCar® 1/10」ベース
・ マイコンに自動車 ECU 用ルネサスエレクトロニクス社 V850 搭載
・AUTOSAR OS 仕様ベースのリアルタイム OS TOPPERS/ATK2※を搭載可能
・統合開発環境ルネサスエレクトロニクス社「CubeSuite+」に対応
※TOPPERS プロジェクトウェブサイト(http://www.toppers.jp/)よりダウンロード可能

【価格】

RoboCar®
1/10 for AP(Automotive Platform) 一般 56 万円(税別)/アカデミック 49.8 万円(税別)
(オプション)
ルネサスエレクトロニクス社製 E1 エミュレータ 1.5 万円(税別)
外装/コントローラ 価格はお問い合わせください。

 

【主な仕様】

CPU ルネサスエレクトロニクス V850E2
内界センサ ジャイロ1軸、加速度3軸、ロータリーエンコーダ (車輪 x4,駆動モータ軸 x1)
外界センサ 赤外線測距センサ (x8)
シャーシ,フレーム カーボンFRPシャーシ,ダブルウィッシュボーンサスペンション,ZMP製アルミフレーム
モータドライバ ZMP製モジュール
サーボモータ ロボット用サーボモータ
駆動用モータ 小型DCモータ
バッテリ 制御システム用バッテリ 単三ニッケル水素電池 (x12)
駆動用バッテリー ニッケル水素バッテリパック (x1) 7.2V
サイズ 429.0 x 195.0 x 212.2mm

 

 

 

 

 

 

 

 

【名古屋大学大学院情報科学研究科附属 組込みシステム研究センター(NCES)】

(名古屋市、センター長:高田 広章教授) 名古屋大学 大学院情報科学研究科 附属組込みシステム研究センター(NCES,センター長:高田広章)は、組込 みシステム技術に関する研究開発と人材育成を行うことを目的に、2006 年 4 月 1 日付けで、名古屋大学 大学院 情報科学研究科の附属施設として設置されたものです。 NCES では、組込みシステムに関する以下の活動に、産学官連携の枠組みで取り組んでいます。

  • 大学の持つ技術シーズを実現/実用化することを指向した研究
  • プロトタイプとなるソフトウェアの開発
  • 組込みシステム技術者の教育/人材育成
    NCES に関しての詳細は、ウェブサイト(http://www.nces.is.nagoya-u.ac.jp/)をご参照ください。 

    【TOPPERS プロジェクトについて 】

    TOPPERS(Toyohashi OPen Platform for Embedded Real-time Systems)プロジェクトは、組込みシステム 構築の基盤となる各種のソフトウェアを開発し、高品質なオープンソースソフトウェアとして普及させることで、組込 みシステム技術と産業の振興を図ることを目的としたプロジェクトです。また、教育コースや教材の開発と、それを用 いた教育の場を提供するなどの活動により、組込みシステム技術者の育成に貢献することも目的としています。 TOPPERS プロジェクトは、2003 年 9 月に設立した NPO 法人を中心に、名古屋大学教授の高田広章をリーダと して、産学官の団体と個人の連携により推進しています。 ※“TOPPERS”および TOPPERS プロジェクトのロゴは、TOPPERS プロジェクトの登録商標です。 ※TRON は“The Real-time Operating system Nucleus”の略称、ITRON は“Industrial TRON”の略称、μITRON は“Micro Industrial TRON”の略称です。 ※本文中の商品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。

掲載されている情報(製品の価格/仕様など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。