ZMPニュース > 自動運転・高度運転支援技術開発向け 全周囲環境認識パッケージ

News

 

自動運転・高度運転支援技術開発向け 全周囲環境認識パッケージ

自動運転・高度運転支援技術開発向け

全周囲環境認識パッケージ

-4台の二次元レーザーセンサで走行時の周辺車両を認識-

p

ZMP RoboCar® HV (前後左右にレーザセンサを取付)

この度、車両に取り付けた4台の二次元レーザーセンサで走行時の周辺車両を認識する、全周囲環境認識パッケージの販売を開始いたしました。

自動運転や高度運転支援技術の開発においては、自車の位置の特定と、周囲を走る車両の位置や速度の特定が必要です。二次元のレーザレンジセンサを車両の前後左右の4か所に取り付けることで、全周囲360度の周囲環境のセンシングが可能となりますが、各センサの測定範囲の調整や、得られた情報から360度の座標系に変換するといった手間がかかります。その上で、得られたデータから、自動車、トラック、バイク、といった認識を行う必要があります。

全周囲環境認識

ビューワサンプルプログラム表示例 (自動車、トラック、バイクの距離と相対速度を表示)

本パッケージは、4台の二次元レーザーレンジセンサと、計測の様子をすぐに確認可能なビューワサンプルプログラム、センサ情報を利用するための開発環境(SDK)から構成され、スムーズな計測が可能となります。

価格は、270万円(税別)で、本日より受注を開始致します。

 

 

【製品構成】

e・レーザレンジセンサ 4台(前後・左右)

・開発環境(SDK)

・ビューワサンプルプログラム

・設定ツール

・センサ取付作業(※)

※トヨタプリウス(NHW20)、または、ZMP RoboCar® HVへのセンサ4個の取付費となります。

取付部を隠す加工、他の車両への取り付けやセンサ個数の変更など、ご要望に応じて対応可能です。

別途お問い合わせください。

※車両の輸送費等は別途お見積もり致します。

s

センサ取付イメージ (取付と加工の例)

 

【価格】

全周囲センシングパッケージ 270万円(税別)