ZMPニュース > 市販ハイブリッドミニバンをベースにした 自動運転車開発プラットフォームRoboCar MINIVAN販売開始

News

 

市販ハイブリッドミニバンをベースにした 自動運転車開発プラットフォームRoboCar MINIVAN販売開始

市販ハイブリッドミニバンをベースにした

自動運転車開発プラットフォームRoboCar MINIVAN販売開始

-走る・曲がる・止まるをコンピュータ制御。高齢者の移動手段や自動運転交通システムの研究開発に-

min

RoboCar MINIVAN(センサ搭載イメージ)

min2

システム構成図

この度、市販ハイブリッドミニバンをベース車両とした「RoboCar® MINIVAN」をリリースいたしました。「RoboCar MINIVAN」は、市販ハイブリッドミニバントヨタエスティマハイブリッドをベース車両とし、車載ネットワークCAN(Control Area Network)を介して、ベース車両に搭載されているセンサ情報を取得でき、且つZMP独自のコントローラによって制御可能な、研究開発向けの実験プラットフォーム車両です。コンピュータにより、走る・曲がる・止まるといった走行制御が可能であるため、運転支援技術や、自動走行技術の研究開発にご活用頂けます。また、周囲環境を把握するためのステレオカメラ、3次元/2次元レーザセンサ、ミリ波レーダや、車両の位置を把握するポジションセンサ(GPS+気圧)や車両の挙動を把握するポジションセンサ(加速度+ジャイロ+地磁気)などの搭載が可能です。7,8人の乗車が可能なミニバンをベース車両とすることにより、高齢者の移動手段や、自動運転車による次世代交通システムなど、より実践的な実験でご活用頂けます。価格は、1800万円(税別)で、本日より受注を開始いたします。

 

 【特徴・基本性能】

・ CAN情報取得が可能(速度、ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトポジションなど)

・ オプションでステレオカメラやレーザレンジセンサ等の外界センサ、大容量バッテリシステム、などを搭載可能

・ ステアリング、アクセル、ブレーキを制御可能

・ ZMP独自コントローラによりユーザプログラムを実行可能

・ 自動制御モードとマニュアルモードの切り替え可能

 

 【用途】

・ 高齢者の移動手段や、自動運転次世代交通システムの実験車両に

・ センサ、カーナビなどの自社デバイス評価のプラットフォーム車両に

・ 運転支援技術の研究開発に

・ 自動運転技術の研究開発に

 

【価格】

RoboCar MINIVAN  1800万円(税別)

 

 【オプション例】

外界センサ

・全周囲環境認識パッケージ(2次元レーザレンジセンサ×4台+認識プログラム)

・3次元/次元レーザセンサ

・ステレオカメラ/単眼カメラ

・ミリ波レーダ

車両位置・挙動計測センサ

・GPS、気圧、加速度、ジャイロ、地磁気 Position&Motion

データロガー/通信機/バッテリ

・高性能データロガー Telemotive社bluePiraT2

・車載データ送受信機 ZMP CAN-USB-Z、カートモ UP PRO

・車載大電力バッテリシステム ZMP PowerUnit Z

※その他、ご要望に応じてセンサの選定、システム構築、車体への取付加工等を承ります。