ZMPニュース > コニカミノルタ製 最大24レイヤーの広画角レーザーレーダーを オートモーティブワールド2015にて参考出品

News

 

コニカミノルタ製 最大24レイヤーの広画角レーザーレーダーを オートモーティブワールド2015にて参考出品

コニカミノルタ製 最大24レイヤーの広画角レーザーレーダーを

オートモーティブワールド2015にて参考出品

 

i

レーザーレーダー外観

この度、コニカミノルタ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:山名 昌衛、以下 コニカミノル
タ)が開発した最大24レイヤーの広画角レーザーレーダーを、1月14日開催の、オートモーティブワールド2015/第3回コネクティッド・カーEXPOの当社ブースにて参考出品を行います。

本レーザーレーダーは、TOF(Time Of Flight)方式のレーザーレーダーで、垂直方向に最大24レイヤー、水平画角最大180°の広範囲のスキャンが可能です。夜間でも街灯などの明かりに影響されず、人と地形・構造物などの物体を区別しながら、人や物体をリアルタイムに検知・観測することが可能です。

自動運転や高度運転支援技術、自律移動車両の開発においては、自車の位置の特定と、周囲に存在する他の車両や歩行者、障害物等の検出が必要です。本レーザーレーダーは、リアルタイムで高精細な三次元情報の取得が可能なため、自動運転/高度運転支援システムの開発や建機・物流搬送機器・移動ロボットなど、様々なフィールドにおける環境認識センサとしてご利用いただけます。

う

走行イメージ

当社は、「走る・曲がる・止まる」をコンピュータ制御可能な自動運転技術開発のプラットフォーム車両「RoboCar®」シリーズおよび各種センサ・システムを、自動車・自動車部品メーカ、産業用車両メーカ等に提供しております。本レーザーレーダーをRoboCarシリーズ等へ搭載することにより、高精度な三次元計測データに基づく自動運転/自律走行システムの構築が可能となります。

本レーザーレーダーは、1月14日から16日まで東京ビッグサイトで開催される、オートモーティブワールド2015/第3回コネクティッド・カーEXPOの当社ブースにて参考出品およびデモンストレーションを行います。

 

マルチレイヤーレーザーレーダーウェブサイト http://www.zmp.co.jp/products/mlr

 

【特徴】

・垂直方向に最大24レイヤー、水平画角最大180度の広範囲スキャンが可能

・上記画角とリアルタイムを両立し、高精細な三次元情報の取得が可能

・測定距離最大 車両:100m以上、人:50m以上

・外乱光に強い

・隙間の無い画素配置を実現

あs

【主な仕様】

  Type1 Type2
レーザー クラス1
測定距離 車両(リフレクタ) 100m、人 50m以上
検出画角(分解能) 水平 ±90°(0.12°) ±60°(0.12°)
垂直 18ライン(0.5°) 24ライン(0.5°)
フレームレート 10fps
通信インタフェース CAN、イーサネット
サイズ(W×H×D)、重量 180x132x150mm、約1.4kg
電源 12V

*仕様は現時点のものであり、予告なく変更する場合があります。

 

【展示会情報】

◆開催展名:オートモーティブワールド2015/ 第3回 コネクティッド・カー EXPO

http://www.connected-car.jp/ja/

◆会期:2015年1月14日(水)~16日(金)10:00~18:00(最終日は17:00終了)

◆会場:東京ビッグサイト 西ホール コネクティッド・カー EXPO 西4-8