ZMPニュース > 自動運転車研究開発向け 実車1/10スケールロボットカー 最新モデルRoboCar 1/10 2016販売開始

News

 

自動運転車研究開発向け 実車1/10スケールロボットカー 最新モデルRoboCar 1/10 2016販売開始

報道関係各位

2016年1月12日
株式会社ZMP

自動運転車研究開発向け 実車1/10スケールロボットカー
最新モデルRoboCar 1/10 2016販売開始
-より充実した開発環境で自動運転・遠隔操縦等の研究開発・実験をサポート-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、本日、自動運転車などの研究開発向け実車1/10スケールロボットカーRoboCar® 1/10 2016の受注を開始致しました。本製品は、2009年の発売以来自動車/部品メーカ、大学等研究教育機関でご好評を頂いている当社RoboCar 1/10シリーズの最新モデルです。オンボード開発対応、ディスク容量の増強、最新WiFi対応などにより、従来製品に比べ開発環境が充実、よりスムーズな研究開発・実験が可能となります。外界センサとして、単眼カメラ(×1)、赤外線センサ(×8)、レーザレンジセンサ(最大×2、オプション)を搭載、車両周囲のセンシングに利用可能です。また、加速度・ジャイロセンサ、エンコーダ(車輪×4、モータ×1、ステアリング×1)を搭載、車両の挙動や走行距離の把握が可能です。開発環境として各種センサ情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリを用意、これらのライブラリを用いてお客様が自由にアプリケーションを開発することが可能です。自動運転や遠隔操縦、センシングなどの研究開発においてご活用頂けます。

RoboCar110_2016 110_DevEnv 110_Sensors
RoboCar 1/10 2016 開発・実験イメージ 搭載センサ(オプション含む)

 

価格は、一般80万円(税別)/アカデミック68万円(税別)で、本日より受注を開始、1月末より出荷開始予定です。

ウェブサイト

http://www.zmp.co.jp/products/robocar-110

【主な特徴】

・実車の1/10スケールにより室内で実験が可能
・カメラ、赤外線センサ、レーザレンジセンサ(オプション)を搭載
・開発環境を用いてお客様が独自にアプリを開発することが可能
・障害物回避などのサンプルプログラムを提供
・従来製品と比べ開発環境が充実(下記)し、より効率的・スムーズな開発が可能に
・コンソール、マウス・キーボードを車両本体に直接接続し、GUIでのオンボード開発が可能
・ディスク容量をSSD 64GBに増強。実験時の画像データ等の蓄積が容易に
・汎用的な開発環境(Linux(Ubuntu)、C++、OpenCV)に対応し開発効率の向上をサポート
・開発時はAC電源、走行時はバッテリ利用、とシステムを起動したまま電源を切替可能
・最新WiFi(802.11ac)に対応。実験時の通信環境の制約を低減

【価格】
RoboCar 1/10 2016  一般 80万円(税別)/アカデミック 68万円(税別)
RoboCar 1/10 2016前後レーザレンジセンサセット 一般 104万円(税別)/アカデミック 92万円(税別)

【主な仕様】

110_Spec