ZMPニュース > ZMP、海外での公道走行データ取得支援サービスを開始

News

 

ZMP、海外での公道走行データ取得支援サービスを開始

ZMP、海外での公道走行データ取得支援サービスを開始

-サービス実施エリアを海外交通環境へ拡大しワンストップで公道走行データの収集を支援-

 

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、公道走行データ取得支援サービスRoboTestのサービスを海外へ拡大し顧客からの要望に応えていきます。

昨今、ADAS市場の活性化や自動運転技術の開発が進むなか、それらの開発における公道での走行評価が非常に重要となってきております。しかし、技術が複雑になっていることから評価のためのシステム構築や収集したデータの処理などの技術工数が増大する傾向にあります。一方、社員による走行テストが社内規定などで制限される傾向がある現在、お客様自身で実施することが難しくなっております。そこで一般からの被験者(ドライバーや同乗者)集めや被験者の運用管理などの煩雑な作業のアウトソースが必要不可欠になっていることなど、開発企業においては非常に大きな課題となっております。さらに、日本国内の交通環境だけでなく様々な交通環境に対応した開発が求められ、海外の公道におけるデータ収集のニーズも高まってきております。

システム構成

RoboTestデータ計測システム構成例

ZMPは、自社の自動運転技術開発とテストの経験を活かし、2012年より公道におけるドライバーによる走行時のデータ取得支援サービスを実施しております。走行に必要なドライバー集めや管理を行うだけでなく、走行データ取得に必要なシステム(ロガー)の設計や構築などの上流工程、そして車両の手配と必要な設置・改造、および取得後のデータ処理まで一気通貫実施することで、お客様の手間を大幅に削減できるサービスです。

今後は海外の交通環境での走行データ収集業務をサービスメニューとして拡大いたします。海外交通法規の調査や構築したデータ取得システムの海外への運搬、海外での車両やドライバー手配など、煩雑な作業や手続きもワンストップで提供致します。

ZMPでは、2015年より株式会社ハーツユナイテッドグループ(東京都港区、代表取締役社長CEO:宮澤栄一)と公道での走行データ収集業務をマネジメントする株式会社ZEG(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒)を設立し、ZEGとの連携によって全国各地での公道走行データ収集サービスを提供して参りましたが、海外展開においてもZEGと連携することで、より幅広く柔軟にお客様のニーズに対応してまいります。

 

【海外の公道走行データ取得支援サービスメニュー】

  • データ収集要件の確認
  • データ取得用コースの設計および手配(公道、テストコース予約等)
  • ドライバーの生体データの取得(心電計測、脳波計測、視線計測、疲労計測など)
  • 海外交通法規の調査と報告
  • 各種データ取得システムの設計、実装
  • データ取得システムの海外運送手続き(通関等)
  • 海外での車両およびドライバー手配
  • 車両への計測機材の設置や改造
  • テスト運用マネジメント
  • 取得データの後処理
  • 取得結果のレポーティング
  • データの納品(SSD等)

【価格】

RoboTest 海外でのデータ取得の例

車両×1台、ドライバー×10名、走行期間2週間 1200万円(税別)~

※価格は要件を確認のうえ個別見積となります。

 

【サービス紹介ページ】

RoboTest 海外での公道走行データ取得支援サービス
http://www.zmp.co.jp/products/robotest_overseas

【RoboTest関連サービス】

 

【プレスリリース記事】 

プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。