ZMPニュース > ZMP、コニカミノルタ製24レイヤーの広画角レーザーレーダーのテスト販売開始

News

 

ZMP、コニカミノルタ製24レイヤーの広画角レーザーレーダーのテスト販売開始

ZMP、コニカミノルタ製24レイヤーの広画角レーザーレーダーのテスト販売開始

-移動体向けに、TOF(Time Of Flight)方式の距離情報取得可能な試作センサを提供-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、2015年よりコニカミノルタ製の24レイヤーの3Dレーザーレーダーのテストマーケティングを行っておりますが、この度、耐環境性能向上に加えソフトウェアを追加した試作3Dレーザーレーダーのテスト販売を開始いたします。

konimino_pic

本レーザーレーダーは、TOF(Time Of Flight)方式のレーザーレーダーで、垂直方向に24レイヤー、水平画角120°の広範囲のスキャンが可能です。夜間でも街灯などの明かりに影響されず、人と地形・構造物などの物体を区別しながら、人や物体をリアルタイムに検知・観測を行えます。

本レーザーレーダーの特徴は、レーザー光の点の情報を計測する他のLiDAR機器と異なり、レーザーに面積を持たせてタイル状に敷き詰められたすき間ないレーザースポット照射により、スキャンするレーザー光隙間で検出対象物を見失うことなく対象物の位置をリアルタイムに把握可能です。また、レーザーによる計測により、夜間、外乱光の有無に影響されず対象物の距離計測が行えます。ソフトには、静止状態でのレーザ照射範囲において背景ではない物体の検出を行うソフトウェアもサンプルとして付属します。

自動運転や高度運転支援技術、自律移動車両の開発においては、周辺環境の3次元地図の作成、自車の位置の特定と、周囲に存在する他の車両や歩行者、障害物等の検出が必要です。本レーザーレーダーは、リアルタイムで高精細な三次元情報の取得が可能なため、自動運転/高度運転支援システムの開発や建機・物流搬送機器・移動ロボットなどの分野で環境認識センサとしてご利用いただけます。

当社は、「走る・曲がる・止まる」をコンピュータ制御可能な自動運転技術開発のプラットフォーム車両「RoboCar」シリーズおよび各種センサ・システムを、自動車・自動車部品メーカ、産業用車両メーカ等に提供しております。本レーザーレーダーをRoboCarシリーズ等へ搭載することにより、高精度な三次元計測データに基づく自動運転/自律走行システムの構築が可能となります。

なお、本製品は2017年5月24~26日開催の人とくるまのテクノロジー展2017横浜に展示予定です。

【コニカミノルタ 3Dレーザーレーダーの計測例】

result_night 計測結果
夜間の計測結果
(上:Webカメラ 下:センサ計測結果)
計測結果(人、車)

【価格】

コニカミノルタ製3Dレーザーレーダー <お問合せください>

【製品紹介HP】

コニカミノルタ製3Dレーザーレーダー  製品紹介ページ
http://www.zmp.co.jp/products/mlr

【展示会情報】

自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展 2017 横浜
会期:2017年5月24日(水)~26日(金) 会場:パシフィコ横浜・展示ホール
ブース番号:102
展示会用ホームページ:http://www.zmp.co.jp/products/2017hitokuru

 

【プレスリリース記事】 

プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。