ZMPニュース > ADAS・自動運転技術開発向け最新センサ・システムを 「人とくるまのテクノロジー展2017 横浜」に出展

News

 

ADAS・自動運転技術開発向け最新センサ・システムを 「人とくるまのテクノロジー展2017 横浜」に出展

ADAS・自動運転技術開発向け最新センサ・システムを
「人とくるまのテクノロジー展2017 横浜」に出展

-ミニバンタイプ自動運転実験車両を展示と走行映像で紹介-
-物体検出機能搭載ステレオカメラや24レイヤ広画角レーザーレーダーをデモ-

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、2017年5月24日(水)~26日(金)の3日間、横浜国際会議場(パシフィコ横浜)展示ホールで開催される「人とくるまのテクノロジー展2017横浜」にて、自動運転車開発プラットフォーム「RoboCar®シリーズ」、センサ・システム、公道走行データ取得支援サービス「RoboTest®」など、今年度販売を開始の新製品、サービスを出展いたします。

ZMPは、自動運転車開発プラットフォーム「RoboCar®シリーズ」販売を2009年より開始し、自動車メーカ/部品メーカ等へADAS・自動運転技術開発のプラットフォーム車両として提供しております。2017年には、東京お台場での公道での自動運転の実証実験を進めております。

2017年度の新製品として、一人乗りEV車、トヨタコムスベースの最新自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar® MV2 2017」を2月に発売開始、1/10タイプの車両に遠隔操作システムを搭載した「RoboCar® 1/10 2016 遠隔操作パッケージ」をリリース。また公道走行データ取得支援サービス「RoboTest®」においては海外での走行データ取得支援サービスや、バスの走行データ取得サービスを開始しました。センサ・システムにおいては、従来よりテストマーケティングを行ってきた、「コニカミノルタ製24レイヤーの広画角レーザーレーダー」テスト販売を開始いたしました。

今回出展いたします、「人とくるまのテクノロジー展2017 横浜」において、これらの新製品、サービスの紹介をブース内で行い、ご来場の皆様に当社製品に触れていただくまたとない機会となっております。

<出展概要>

開催時期:
5月24日(水)、25日(木) 10:00 ~ 18:00
5月26日(金)       10:00 ~ 17:00
会 場 : 横浜国際会議場(パシフィコ横浜)展示ホール ブースNo: 102
入 場 料: 無料
特設ページ: http://www.zmp.co.jp/products/2017hitokuru

展示物情報

本展示会では今年新製品やサービスを発表いたしました下記の製品の展示を行う予定です。

  • 市販ハイブリッドミニバンベース 「RoboCar® MiniVan」
  • 1/10タイプの車両に遠隔操作システムを搭載した
    「RoboCar® 1/10 2016 遠隔操作パッケージ」
  • 公道走行データ取得支援サービス「RoboTest®」事例紹介
  • コニカミノルタ製24レイヤーの広画角レーザーレーダー
  • 物体検出機能搭載ステレオビジョン「RoboVision®2 物体検出パッケージ」
RoboCar minivan RoboCar110遠隔操作パッケージ
ミニバンタイプ自動運転制御開発車両
RoboCar® MiniVan
RoboCar® 1/10 2016 遠隔操作パッケージ
konimino_pic RoboVision2物体検出ソフト
コニカミノルタ製24レイヤー広画角
レーザーレーダー
ステレオカメラユニットRoboVision® 2
物体検出パッケージ

詳細については展示会特設ページをご覧ください。
展示会特設ページはこちら

 

【プレスリリース記事】 

プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。