ZMPニュース > 車間距離計測向けステレオカメラシステム販売開始

News

 

車間距離計測向けステレオカメラシステム販売開始

車間距離計測向けステレオカメラシステム販売開始

―路面の傾きに影響されにくい前走車の検出・追跡機能を搭載―

 

RoboVision2概観 この度、株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、車間距離計測向けステレオカメラシステム「ZMP RoboVision2 CarTrackパッケージ」の販売を開始しました。

  本製品は、ステレオカメラと画像認識ソフトウェアで構成され、前走車を検出し距離を計測するシステムとなっております。路面の傾きの影響を抑え前走車の検出と追跡をする新アルゴリズム(VTS®:Virtual Tilt Stereo ※特許申請済み)を搭載しております。ADAS・自動運転技術制御におけるカメラを用いた車間距離の計測には前走車の検出と追跡するアルゴリズムの開発が必要ですが、本システムでは両者を兼ね備えたソフトウェアが付属されております。

ADAS・自動運転技術の開発、またロボット技術の開発において、カメラでの環境認識の重要性はますます高まり、特にカメラだけで距離を算出できるステレオカメラの活用が注目されております。当社では2015 年よりソニー製超高感度 CMOS センサーを用いたステレオカメラ 「RoboVision2」を研究開発用に販売、2016年には物体検出が可能な「物体検出パッケージ」の販売を開始しております。今回販売を開始する「CarTrackパッケージ」は新しい画像処理手法を採用し車間距離の計測に特化したシステムとなっております。価格は、170万円(税別)で本日より受注開始、2017年10月末の出荷を予定しております。

 170919image_01

製品紹介URL: RoboVision2 CarTrackパッケージ

http://www.zmp.co.jp/products/robovision2-cartrack

 

【主な機能】

■新アルゴリズム「VTS®(Virtual Tilt Stereo)」を搭載、路面検出精度を向上。

■取得画像を俯瞰した画像へ変換し、距離を算出することで、路面推定高さの精度が向上。路面と物体の切り分け性能が向上。

■物体追従の結果をCANデータで出力。

■コンパクトな処理用PC付属。頻雑なセットアップ作業なしで利用可能。

170919image_02

 

製品仕様 RoboVision2 スペック

カメラ
モジュール

イメージセンサ

ソニー製カメラ向け1/3型有効127万画素

CMOSイメージセンサ IMX224×2

解像度

1280×960ピクセル(最大:30fps)
640×480ピクセル(最大:120fps)

水平画角

45°

インタフェース

USB3.0

基線長

210mm

機能

同期、ひずみ補正、ステレオ平行化、

ワイドダイナミックレンジなど

ソフトウェア
開発環境(SDK)

ライブラリ

カメラI/F、視差画像生成

アプリケーション

RAW出力、ひずみ補正結果出力、視差画像出力、
物体検出機能(オプション)

動作環境

Windows7/Window8/Linux

(物体検出機能(オプション)はLinux版での提供)

 

価格

 

RoboVision2 CarTrackパッケージ 170万円(税別)

(RoboVision2、CarTrackオプション、処理用PCのセット)

CarTrackオプション 50万円(税別)

(すでにRoboVision2をお持ちの方向け)

 

RoboVisionシリーズラインナップ

RoboVision2 PCセットパッケージ 120万円(税別)

(RoboVision2、PCのセット)

※複数のアルゴリズムで視差画像取得可能な開発環境付属のステレオカメラシステム

製品紹介URL: http://www.zmp.co.jp/products/robovision2?lang=jp

 

RoboVision2 物体検出パッケージ 170万円(税別)

(RoboVision2、物体検出オプション、PCのセット)

※任意の物体の大きさと位置を出力可能なソフトウェア付属のパッケージ

製品紹介 URL: http://www.zmp.co.jp/products/rv2-objectdetection?lang=jp

プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。