ZMP製品情報 > ウェアラブルデバイス及びスマホと連動したサービス「ハートモ」(開発中)

Products

 

ウェアラブルデバイス及びスマホと連動したサービス「ハートモ」(開発中)

logo_heartomo

 

heartomo1

「ハートモ」は、ウェアラブルデバイス及びスマホと連動したサービスとして開発中です。小型心拍センサを胸に取り付け、スマートフォンと通信。医学博士大坂元久先生と共同開発のアルゴリズムにより、心拍データを解析しスマホからメッセージを出してユーザの様子を伺います。身体への負荷の少ない小型センサと、いつも身近にあるスマートフォンを用いるため、手軽にサービスの利用が可能となります。

詳細についてはお問合せください。

heartomo3

【大坂元久(医学博士) 略歴】

日本獣医生命科学大学 数学・生物統計学分野教授。1979年東京大学理学部数学科卒、1985年日本医科大学卒、同年医師免許取得、日本医科大学第一内科入局派遣病院を経た後、1990年日本医科大学第一生理に出向(助手)、1994年医学博士取得、同年米国マサチューセッツ工科大学生命科学工学研究所(Cohen教授)留学、1996年6月末帰国。第一生理に復帰(助手)、その後、日本医科大学情報情報科学センター講師、老人病研究所准教授を経て2008年より現職。2011年4月から2013年3月まで東京大学客員教授(大学院数理科学研究科)を委嘱。専門は、循環器病学・生体数理科学。