ZMP製品情報 > 次世代モビリティ・EV開発用プラットフォーム RoboCar® MV2 2017

Products

 

次世代モビリティ・EV開発用プラットフォーム RoboCar® MV2 2017

RoboCar® MV2 2017 は、トヨタ車体製超小型電気自動車「コムス」をベースに、ZMPオリジナル制御コントローラ、自動操舵システム、自動ブレーキシステムを搭載し、コンピュータにより、ステアリング、アクセル、ブレーキを制御可能とした実験用の超小型電気自動車です。車速やブレーキ、ハンドル操作などを制御可能なライブラリが用意されているため、ユーザーは障害物回避や自動運転、遠隔操縦などのアプリケーションの研究開発をスムーズに行うことが可能です。

RoboCar MV2 2017
RoboCar® MV2 2017 プラットフォーム
(3Dレーザーレーダー搭載のカスタマイズ例)

自動車および部品メーカ、大学等の研究機関において、運転支援技術や予防安全技術の研究開発、自社製品・技術の評価といった用途でご利用頂いております。

 

開発環境・装備

機能改善1

・制御インジケーターランプ

 車両の制御状態に応じてランプが点灯し、
 容易に制御の状態の把握が可能

機能改善2

・タッチパネル対応拡張モニタ

 タブレット型モニタをダッシュボード横に設置
 容易に制御の状態の把握が可能

機能改善3

・モード切替オンボードスイッチ

 プログラムモードからマニュアルモードへの
 遷移ボタンをダッシュボードに搭載。
 よりスムーズな制御切り替えを実現

機能改善4

・デリバリーボックス対応

 車両後部に実験装置を搭載可能な
 デリバリーBOX仕様車両を採用
 590x875x965[mm] 重量30kgまで搭載可

DSCF4326

・RoboCar® MV2 2017 コントロールPC&SDK

 Ubuntu16に対応
 通信ライブラリを使ったQtのサンプルアプリを付属
 開発したプログラムと車両の連携を用意に行えます

RoboCar® MV2 2017 システム構成

RoboCar® MV2 2017 ラインナップ/価格

    • RoboCar® MV2 2017 800万円(税別)

RoboCar® MV2 2017 プラットフォームと四輪エンコーダー、コントロールPC&SDKのセット。

    • RoboCar® MV2 2017 Autowareパッケージ 1330万円~(税別)

RoboCar® MV2 2017にレーザーレーダ、カメラと自動運転ソフトウェア”Autoware”を実装し、自車位置や周辺物体を認識しながら、自律走行可能なパッケージ。詳細はRoboCar Autoware パッケージの内容をご参照下さい。

センサ(カスタマイズ対応)

【環境認識】

  • ステレオビジョン「ZMP® RoboVision2
  • レーザレンジセンサ
  • ミリ波レーダ

*詳細についてはお問合せください。

【車両挙動・位置・環境】

【運転操作・生体情報】

【用途】

  • 高齢者の移動手段、近距離移動車両の研究開発に
  • 運転支援技術・予防安全技術の研究開発に
  • 自社製品・技術の実車での評価に
  • クルマとITを連携させたサービスやアプリケーションの実験に

導入先学校・企業一覧(2016年12月現在)

大学、高等専門学校

東北大学、神戸大学、奈良先端科学技術大学院大学、横浜国立大学、工学院大学、近畿大学、広島市立大学、福井工業大学、日本大学、 豊橋技術科学大学、熊本高等専門学校、福井工業高等専門学校、東京大学、神奈川工科大学、岡山大学 ほか

企業、研究所

自動車業界、電機業界の大手企業にご利用頂いております。

RoboCar MV2 2017 仕様(例)

乗車定員 1名
積載重量 約30[kg]
寸法 約2.4×1.1×1.5[m]
車両重量 約410[kg]
駆動方式 1モータデフ付き後輪駆動
フロントサスペンション マクファーソン式コイルスプリング
リアサスペンション 後端配置トーションビーム式コイルスプリング
ブレーキ作動方式 前輪油圧式ディスク/ 後輪油圧式ドラム
最高出力 5[kw]
最大トルク 250[N・m]
最高速度 60[km/h]
電源 鉛蓄電池
充電器 プラグイン充電/AC 100[V]
充電走行距離 約50[km]
標準充電時間 約6時間
通信 無線LAN
通信規格 CAN
カスタマイズ 車両 二人乗り(タンデム)
センサ ミリ波レーダ、IMU、GPSなど
電源 リチウムイオン電池
ユーザ インタフェース iPad/ iPhone/ Android/ Windows Mobile対応アプリ開発
通信 3G、Wimax
計測機器 実験操作用PC
外観 塗装、ロゴ

超小型電気自動車(マイクロEV)とは?

超小型電気自動車は、ミニカー(道路運送車両法)に区分される一人乗りの四輪原動機付自転車であり、普通自動車の免許証で運転できます。

ミニカーとは
全長2.5m以下、全幅1.3m以下、全高2.0m以下、総排気量が20ccを超え50cc以下、または定格出力が0.25kWを超え0.6kW以下の車室を備えた3輪以上の普通自動車。道路交通法上は普通自動車扱いのため、法定速度の最高は60km/h。道路運送車両法上は原付であり、自賠責保険は原付扱いで車検はない。登録にあたっての車庫証明は不要。

製品のお問い合わせ・情報はこちら

お問い合わせ カタログダウンロード 見積り依頼
お問い合わせ カタログダウンロード お見積もりの依頼