自動運転車開発プラットフォームRoboCar MiniVan

概要・特徴

  •  市販ハイブリッドミニバン車両をベースとしたADAS・自動運転の研究開発用車両型実験プラットフォーム(車両本体および開発環境を含むパッケージ)
  • ZMPでも公道での自動運転技術開発のプラットフォームとして活用し、自社実績を積上げている製品

  •  外部装置(付属PCやユーザー専用装置)から車両制御を実行することができるようにZMPの制御装置を車両に組み、通信ライブラリを提供

  •  走る・曲がる・止まる といった車両の動作をZMPの提供するライブラリを使ってプログラム(C、C++)で制御

  •  CANの通信プロトコルも開示しており、ユーザー独自の装置から車両を制御

  • ADASや自動運転の実車テスト、または自動運転のサービス実証実験

RoboCar MiniVanの概観(オプションセンサー付イメージ)
「RoboCar MiniVan」は、市販ハイブリッドミニバン車両をベースに、ユーザーが外部装置(PCや専用装置)より制御信号を入れることで制御ができるようにZMPの制御装置を組み込んだ車両型実験装置(車両本体および開発環境を含むパッケージ)です。

通常はドライバーの操作(アクセル・ブレーキを踏む、ステアリングを回す)で制御される車両をユーザーのコンピューターや専用装置から制御できるため、自動運転やADAS(高度運転支援システム)の開発の現場において、センサーやソフトウェアの開発・検証を実車上で行うためのプラットフォームとして活用することができます。

RoboCar MiniVanは車両に標準で搭載されているセンサーなどの値(車速、四輪車輪速やステアリング角度などのCAN情報)を取得でき、かつPCやその他外部装置から車載ネットワークCAN(Control Area Network)を介してアクセルやブレーキ、ステアリングなどの操作信号を入力し車両を制御することができるようになっています。またこれらのデータ取得、操作信号入力のためのAPIやサンプルアプリケーションも標準で用意しているため、導入後すぐに車両制御のプログラムを構築することができるプラットフォームとしてご提供しています。

また、従来どおりドライバーが運転することもでき、さらに車両がコンピューター制御されている最中にドライバーの操作が介入すると制御がドライバー操作に引き継がれる「オーバーライド機能」も提供しているため、ADAS・自動運転の実験に適しています。


【RoboCar MiniVanのコンセプト】

ADASや自動運転の開発・実験のフィールドにおいては、実車両でのテストが欠かせません。

しかし、市販の車両は外部装置からの走る・曲がる・止まるの操作はドライバーがアクセル・ブレーキ・ステアリングなどを操作することでしか制御ができません。

そこでZMPでは、市販ハイブリッド車両をベースとしたコンピューター制御ができる機能と開発環境をセットとしたRoboCar MiniVanを提供することで、通常でれば外部から制御可能な車両を開発工程(設計~調達~改造~テスト)の手間からお客様を解放し、実車を使ったADAS・自動運転の開発を一気に加速できるようなご提案をしております。

 

RoboCar MiniVanの活用コンセプト

【利用用途例】

 ユーザー様はRoboCar MiniVanの車両情報取得機能や車両制御機能を利用することで、以下の様な目的・用途にご活用いただけます。

 

【ADAS(高度運転支援システム)】

  -車載カメラ、レーザーセンサーや電波レーダーからのデータからRoboCar MiniVanの制御へ接続し、

   ADAS(自動ブレーキ、 レーンキープ、レーンチェンジ、自動駐車など)のためのセンサー開発、センサフュージョン開発、

   センシングと制御の統合開発、性能検証を実施

  -RoboCar MiniVanからの取得情報を利用したHMI(Human Machine Interface)の開発

 

【自動運転】

  -自動運転の「認知」~「判断」~「操作」のソフトウェア開発とRoboCar MiniVan上でのシステム動作検証

  -自動運転のためのセンサー、デバイス開発

  -車々間通信や路車間通信、または遠隔監視・操作通信など、自動運転の周辺システムの開発や検証

  -自動運転を活用した新たなモビリティに関する実証実験

 


RoboCar MiniVanによる車両制御/車両データ取得のイメージ

【ミニバンタイプを採用したRoboCar MiniVanのメリット】

またRoboCar MiniVanは、7~8人乗りのミニバンタイプをベースとしているため、以下の様なメリットがあります。
  • 乗車スペースに加え、実験装置の積載スペースの確保ができ、高度な研究開発にむけた大型システムや冷却設備などの設置ができます
  • 観光客や高齢者などへの新しいモビリティ手段の開発・検証を行いやすくなります

 

ミニバンタイプを採用したRoboCar MiniVanの特徴

製品のお問い合せはこちら

基本仕様

【RoboCar MiniVanの車両仕様】

ベース車両 トヨタエスティマハイブリッド
年式 2009年~2012年 ※今後年式拡大予定
乗車定員 7、8名(選択)
サイズ 長4.8m×幅1.82m×高1.76m
重量 2,355kg
ホイールベース 2.95m
駆動機構 フロントエンジン 電気式四輪駆動(E-Four)

 

【RoboCar MiniVanの基本構成と機能】

RoboCar MiniVanはCANバスやアナログ配線に、ZMPが独自に開発した制御装置(ADC:Autonomous Driving Controller)を介して、走る・曲がる・止まるの制御や、車速やステア角、走行距離車両の各種車両情報の取得を行うことができるようになっています。
車両制御では、アクセルやブレーキ、ステアリング等のセンサーから各ECUの間にADCが電気的に介入を行い操作信号と同等の信号を入力することで車両の制御を行います。
また各種車載センサー類からECU経由でCANバスに出力されている車両情報を、CANバスに介入したADCによりユーザー端末より取得することができます。
<車両制御イメージ> <車両情報取得イメージ>
RoboCar MiniVanの基本構造

1.車両CAN情報の取得

以下の車両CAN情報をADCで取得することができます。

-ステアリング操舵角          -ブレーキON/OFF

-アクセル踏み込み量            -速度

-車輪速度(右前・左前・右後・左後)    -シフトポジション

-エンジン回転数            -クーラント温度

-オドメーター             -ドア開閉状態

-ライト点灯状態

※ブレーキ踏み込み量、ウィンカー状態などについては、ADCからの制御値を取得することができます。

 

2.モード切替え機能/オーバーライド

RoboCar MiniVan は、普通車として運転して走行できる「Manual モード」と、プログラムからの制御で走行する「Program モード」を切り替えることができます。
Program モードでの走行中、ステアリングホイールを操作したときはステアリング制御が、アクセル/ブレーキペダルを操作したときはドライブ制御が、それぞれ Program モードから Manual モードへ移行する「オーバーライド機能」を備えています。
この機能により、実験中に危険を感じたときにステアリングやブレーキを操作することで、外部装置による制御からドライバー制御へ引き継ぎ安全を確保できるようになります。

RoboCar MiniVanのモード切り替えとオーバーライド
またRoboCar MiniVanのモードについては、車内にインジケーターボックスが設置されており、アクセル、ブレーキ、ステアリング、シフトがそれぞれプログラムモードになっているときは点灯で表示されるようになっています。
ボタンを押下することでそれぞれをプログラムモードからマニュアルモードへ切り替えることもできます。
インジケーター(モード状態表示、モード切り替え)

3.ドライブ制御機能

RoboCar MiniVanは、標準搭載のRoboCar PC、またはユーザー専用装置から「走る」・「止まる」の前後移動を行うための制御方式として、アクセルとブレーキを組み合わせて以下の2つの方法での制御をできるようになっています。

 (1)Velocity(速度)モード

 (2)ペダルモード

以下に2つの制御モードについてそれぞれ説明します。  

 

(1)Velocity(速度)モード

車両の走行速度の目標値を入力値として与えるモードです。目標値への制御はZMPが独自にADC内部で設定しており、パラメーターの設定により制御ゲインを変更することができるようになっています。 ユーザーとしては目標速度を入力するだけのため、扱いやすいモードです。

RoboCar MiniVanの 『Velocityモード』 による制御イメージ

(2)Pedalモード

アクセルとブレーキの踏み込み量(強さ)を入力値として与えるモードです。目標値への制御プログラムはユーザー自身が独自に構築することができ、RoboCar MiniVanはアクセルとブレーキの制御量を、ADCを介してそのまま車両へ伝達します。 目標速度へ到達させるための制御ロジックをきめ細かくユーザが定義できるモードです。

RoboCar MiniVanの 『ペダルモード』 による制御イメージ

4.操舵制御機能

RoboCar MiniVanのプログラムモードでは、車両に搭載されているEPSモーターを利用して標準搭載のRoboCar PC、

またはユーザー専用装置から「曲がる」の操作を行うステアリングの位置(角度)制御をすることができます。

方式として、以下の2つの方法での制御を選択できるようになっています。

(1)Angle(角度)モード

(2)Torque(トルク)モード

以下に2つの制御モードについてそれぞれ説明します。

 

(1)Angle(角度)モード  

ステアリングの操舵角の目標値を入力値として与えるモードです。

目標値への制御はPID制御(※)で行われており、パラメーターの設定により制御ゲインを変更することができるようになっています。

範囲はステアリングホイールの角度で右回転666度~左回転666度まで入力することができます。

RoboCar MiniVanの 『Angle(角度)モード』 による制御イメージ

(2)Torque(トルク)モード

ステアリングのEPSモーターへのトルク量を入力値として与えるモードです。

操舵トルク量指示は指令コマンドを受け取った瞬間に反映され、範囲は-4096(右回転)から 4096(左回転)で、EPSモーターへ、トルクセンサの出力として与えられます。

RoboCar MiniVanの 『Torque(トルク)モード』 による制御イメージ

5.灯火器制御機能

RoboCar MiniVanの灯火器類として、以下をRoboCar PCまたはユーザー専用装置から制御することができます。

-前方ライト

-左右ウィンカー

-ブレーキランプ

 

6.安全機能

RoboCar MiniVanには以下の安全機能が装備されています。

-ベース車両そのものの安全機能

ベース車両に備わっているABS(アンチロックブレーキングシステム)機能、エアバック機能、その他警告表示などは、RoboCar MiniVanではそのまま維持されています。

 

-クリティカルなエラー発生による強制マニュアルモードへの移行

プログラムモードで動作中に以下の様な事象が発生すると強制的にマニュアルモードへ移行し、ドライバーの運転へ引き継がれます。

・一定時間上位コントローラー側からの指令値がない

・ベース車両のCAN通信エラー

・ベース車両にセンサー異常

 

-非常停止ボタンの装備

RoboCar MiniVanには、写真のような緊急停止ボタンが設置されています。(設置場所はユーザーにて変更可能)

緊急停止ボタンを押下すると、速度指令値ゼロが入力され、車両が停止します。

 

緊急停止ボタン

7.コンフィグ

RoboCar MiniVanには、各種パラメーターをコンフィグとして設定できるような機能を有しています。
走行環境の変化など、必要に応じて制御パラメーター、オーバーライド閾値、指令値のリミットなどをコンフィグの書き換えにより変更することができます。
また、RoboCar PCではコンフィグを設定しやすいようGUIもご用意しています。
RoboCar MiniVanのコンフィグ設定画面

8.API

RoboCar MiniVanに搭載される Control PC 内にユーザーのアプリケーションをインストールして動作させることができます。開発言語は、C、C++です。
Control PC 上ではLinuxが動作しており、ユーザーアプリケーションは、Linuxの一つのプロセスとして動作します。
RoboCar MiniVan をコントロールし、情報を取得するための通信ライブラリを提供しています。
APIの詳細はAPIリファレンスが本体一式の中に含まれています。
製品のお問い合せはこちら

価格・納期

RoboCar MiniVan  1,800万円(税別)  ※RoboCar PCとして設定済みのノートPCが1台付属します。

【推奨の最小構成】

-RoboCar MiniVan 1式

-PowerUnit-Z(箱入り) 1式

-診断ツール(デンソー製診断ツール) 1式

-運搬費 1式(日本国内)

【標準納期】

15週間となります。

※時期によって前後することがございますので、詳細はお問合せください。

製品のお問い合せはこちら

RoboCar MiniVanの追加オプション

1.オプションセンサー (例)

以下は、RoboCar MiniVanに搭載実績のあるセンサー類となります。
この他のセンサー類につきましては、ご相談ください。

■ステレオカメラ

◎RoboVision2s

ZMPのステレオカメラは、左右眼の視差をもとにカメラの視野内をピクセルごとに距離として算出することができます。

また距離データを地面からの高さデータに変換することで、車や人、その他の障害物を認識(物体検出ソフトウェアが必要)、また周囲の視野内を走行する車両やバイクをトラッキングすることで車間距離や相対速度を計測するなどもできるようになります。

RoboVision2sとRoboCar MiniVanを組み合わせることで、自動運転やADASのセンサー開発や制御開発へ活用いただけます。

(取り付け場所は車内となります。)

RoboVision2sをRoboCar MiniVanへ実際に搭載したイメージ
RoboVision2s
自動運転・高度運転支援システムに活用いただけるステレオカメラユニット
物体検出オプション
検出した物体の大きさや位置座標をリアルタイムに表示可能なソフトウェア
Car Trackオプション
周辺の物体の追跡・相対速度を検出&CAN出力が可能なソフトウェア

【価格】

RoboVision2s    90万円(税別)

セットPC       40万円(税別)

物体検出オプション 50万円(税別)

Car Trackオプション 50万円(税別)

 

  

■単眼カメラ

 ◎FLIR製USB3.0カメラ (https://www.ptgrey.com/usb3-vision-cameras

ZMPの自動運転技術開発において、ステレオカメラRoboVision2sと併せて単眼カメラも環境認識に活用しており、汎用的な開発用カメラとしてFLIR製カメラを設置、活用している実績があります。 Grasshopper3やBlackflyといったカメラをフロントガラスやリアガラスに取り付けるブラケットをセットでご提供しております。

FLIR製カメラGrasshopper3をRoboCar MiniVanへ実際に搭載したイメージ
【価格】
  お問合せください。

■LiDAR

 ◎IBEO SCALA (ジック株式会社製品ページ ※外部サイトへジャンプします)

ZMPの自動運転技術開発においても利用実績のあるIBEO製のマルチレイヤー型2D-LiDAR「SCALA」をRoboCar MiniVanへ設置することで、自車両の周囲における走行車両、バイク、歩行者などを検出することができ、ADAS・自動運転の開発のためのデータとして利用することができます。  当社ではRoboCar MiniVanのバンパー加工含めて車検を取ることができるような取り付け加工を行っております。

LiDARをRoboCar MiniVanに実際に設置したイメージ(車検取得済み)

 ◎Velodyne HDL32e/VLP16 (株式会社アルゴ製品ページ ※外部サイトへジャンプします)

自動運転の研究開発に多く利用されている、Velodyne社製の3D-LiDARが当社搭載設置の実績としてあります。

RoboCar MiniVanとVelodyneを組み合わせることで、オープンソース自動運転ソフトウェアAutowareも動作させることができ、RoboCar MiniVan Autowareパッケージとしてもご提供をしております。  搭載用の専用ブラケット(ジグ)と併せてご提供いたします。

Velodyne HDL32eをRoboCar MiniVanへ実際に設置したイメージ
【価格】
  お問合せください


■ミリ波レーダー

◎79GHz帯ミリ波レーダー

ADAS・自動運転に採用されるセンサーの1つとして電波型ミリ波レーダーがあります。ZMPではRoboCar MiniVanにミリ波レーダーを搭載している実績があります。 ミリ波レーダーは前方車間距離の計測等ができACC(前方車追従機能)の実現にむけた開発シーンで利用することができます。 RoboCar MiniVanのフロント中心付近へ専用ブラケットで設置し納品することも可能です。


79GHz帯ミリ波レーダーをRoboCar MiniVanへ実際に設置したイメージ
【価格】
  お問合せください


■GNSS装置(位置測位) 

 ◎ZMP Position-Z (https://www.zmp.co.jp/products/position-z

位置測位の代表的な装置としてGNSS(通称GPS)がありますが、ZMPではCAN出力ができる小型GNSS装置として「ZMP Position-Z2」を提供しております。GPSと気圧センサーを一体型としたセンサーモジュールで、計測データをCANフォーマットで出力できるため、車両CANなどと同時に計測がしやすくなっています。

ZMP Position-Z2の車内設置イメージと付属ビューワーソフト

【主な仕様】

GPS

測位制度 3m CEP(50%)

チャンネル:99チャンネル、測地データ:WGS84

GPS感度:165dBm(トラッキング)、148dBm(アクイジション)、準天頂衛星・グロナス対応
気圧センサー

測定範囲:260~1260hPa、分解能:0.01hPa(約10cm)、精度±0.1hPa

リファレンスセンサー温度:0~65℃
通信インターフェース

CAN(500kbps/1Mbps)、スタンダードフォーマット

ZMP IMU-Z2やカートモUP Proとの組み合わせでBluetooth通信も可能
電源 3.3V(入力電圧範囲:3.3~15V)
サイズ・重量 40mm×55mm×20mm、 約32g
【製品詳細】
Position-Z
CAN出力可能なGPS・気圧一体型ポジションセンサ
【価格】
  GPS・気圧一体型ポジションセンサZMP®Position-Z2        128,000円(税別)
  車両の位置・挙動・環境を同時計測可能なセンサパッケージ ZMP Position&Motion 276,000円(税別)

 

JAVAD製 RTK-GNSS (https://www.javad.com/jgnss/products/receivers/delta-3.html

位置測位の重要な構成品としてGNSSがありますが、RTK(Real Time Kinematic)GNSSで数センチレベルの位置測位精度を出すことができます。ZMPの自動運転技術においても、RTK-GNSSは活用されており、RoboCar MiniVanにJAVAD製 RTK-GNSSが設置、活用された実績を持っております。

JAVAD製RTK GNSSをRoboCar MiniVanに実際に設置したイメージ
【価格】
  お問合せください。

■IMU(慣性センサー)

 ◎ZMP IMU-Z2 (https://www.zmp.co.jp/products/imu-z

ZMPでは9軸(3軸加速度、3軸ジャイロ、3軸地磁気)の小型モーションセンサーを提供しております。 CANフォーマットで通信ができ、車両CANとあわせて計測するのに便利で使い勝手のよいIMU製品となっております。 SDKとしてWindowsの.NETコンポーネントとして提供しており、Microsoft Visual Studioなど、汎用的な環境で開発を行うことができると共に、サンプルプログラムや拡張カルマンフィルタによる精度が良く、かつ応答速度が向上した姿勢推定ライブラリも利用可能です。

ZMP IMU-Z2

【主な仕様】

センサー

3軸加速度センサー(±2/4/8/16 [G](切替可)、12 [bit]*)

3軸ジャイロセンサー(±250/500/2000[deg/s](切替可)、16[bit] *)

3軸地磁気センサー(±0.88~8.1[gauss](切替可)、12[bit] *) (*サンプリングレートによります)
CPU ARM Coretex-M3プロセッサ
通信インターフェース CAN(500kbps/1Mbps)、Bluetooth Ver2.0+EDRクラス1
サンプリングレート 加速度センサー:最大1[msec]/ジャイロセンサー:最大3[msec]/地磁気センサー:最大6[msec]
サイズ、重量 36mm×52mm×11mm、 20g
IMU-Z2
無線・有線で計測可能な9軸モーションセンサ
【価格】
  9軸ワイヤレスモーションセンターZMP IMU-Z2 & SDK 298,000円(税別)
  ワイヤレスモーションセンサー(追加用)     98,000円(税別)

Sensonor製 小型9軸IMUユニット (https://www.sensonor.com/products/inertial-measurement-units/stim300/

ZMPのRoboCar MiniVanへ設置し自動運転技術開発で活用した実績のある高精度IMU製品として、Sensonor製の小型9軸IMUユニットSTIM300があります。

Sensonor製小型9軸IMUユニット STIM300
【価格】
  お問合せください。
製品のお問い合せはこちら

2.電源オプション

PCや専用機などの外部装置、および各種センサー類を搭載した際、安定した電源の確保が課題と ZMPでは走行実験においても外部から独立した車載の電源を確保しながら、長時間にわたって継続的な給電機能を提供する車載電源ユニットPowerUnit-Zをオプションとして提供しています。 RoboCar MiniVanのトランクに設置できるよう、絶縁体ケースとして木製の箱の中に収納しています。

【主な仕様】

入力 12Vバッテリー(車両12V補機バッテリー直結)
出力 AC100V/1500W
容量 100Ah
安全機能 メインバッテリー保護、サブバッテリー保護、過負荷保護、温度保護
サイズ 約940×360×312mm
重量 54kg
【価格】
  PowerUnit-Z(箱入り)一式   90万円(税別)
 【製品の詳細】
Power Unit-Z
自動運転・高度運転支援システム実験用車載大電力バッテリシステム
製品のお問い合せはこちら

3.IZACパッケージ

ZMPの自動運転技術開発では、ソフトウェアも独自の開発を行っています。

自動運転開発向けハードウェア/ソフトウェアの統合パッケージとしてIZAC(Intel ZMP Autonomous Controller)を開発し、自社の自動運転開発やお客様向けの自動運転研究開発にもご活用いただいています。 IZACは自動運転の「認知」「判断」「操作」の頭脳にあたり、RoboCar MiniVanと組み合わせることでIZACからの操作指示を受け実際に自動運転の動作を実現することができます。

現在、ZMPの公道での自動運転実験(※リンク)はじめ、大手自動車関連メーカー様や大学などの研究機関様にて導入の実績を重ねてきております。

【価格】
  お客様のご要望により個別に御見積いたします。
  お気軽にお問合せください。
【IZACの詳細】
IZAC
自動運転・ADAS開発プラットフォーム用コンピューターIZAC
製品のお問い合せはこちら

4.Autowareパッケージ

『Autoware』とはLinuxとROSをベースとした自動運転システム用オープンソースソフトウェアです。

名古屋大学、長崎大学、産総研による共同成果の一部として、自動運転の研究開発用途に無償で公開されています。

レーザレーダ、カメラ、GNSSなどの環境センサーを利用して、自車位置や周囲物体を認識しながら、カーナビから与えられたルート上を自律走行できる自動運転機能を提供します。

ZMPでは、Autowareの開発開始当初より、実車の開発環境としてRoboCarシリーズを提供してまいりました。

オープンソースの公開に合わせて、ZMPではRoboCar MiniVanへ必要なセンサーと基本的な動作確認までセットアップしたRoboCar MiniVan Autowareパッケージをご提供しております。


RoboCar MiniVan Autowareパッケージの構成
RoboCar MiniVan Autowareパッケージの導入いただくと、お客様にとっては以下のメリットがあります。
  -導入時の作業工数を削減
  -RoboCarとAutoware PCの接続プログラム(通信ソケット)を提供
  -ZMPのオリジナルマニュアルを提供
  -RoboCar MiniVanとトータルでの導入後サポート(※Autowareのプログラムに関するサポートは開発元への窓口代行となります)
Autoware
Linux とROSベースの自動運転システム用オープンソースソフトウェア
 【価格】
   RoboCar MiniVan Autowareパッケージ 一式 2,380万円~ 
    -RoboCar MiniVan ×1
    -3次元LiDAR(16レイヤー) ×1
    -カメラ(前方) ×1
    -大容量バッテリーシステム PowerUnit-Z ×1
   オプション
    -技術サポートサービス
    -高精度三次元地図の作成・導入・走行テスト

  センサー構成等によって価格は変更となります。
  お気軽にお問合せください。
製品のお問い合せはこちら

5.dSPACE MicroAutoBoxⅡ連携オプション

RoboCar MiniVanは、自動車開発企業はじめ幅広く利用されているdSPACE社のMicroAutoBoxⅡと連携し、アクセル、ステアリング、ブレーキなどの制御をMATLAB/Simulinkから行うことができます。

MicroAutoBoxのユーザーは、MATLAB/Simulink上で開発した制御ロジックやドライビングモデルのシミュレーションを、実車を用いて動作確認する手段としてRoboCar MiniVanを利用することができます。

またMicroAutoBox II の多様なインターフェースを活用し、車両への制御と同時に複数のセンサーやアクチュエーターを操作した制御の開発シーンへ、実車での確認として活用いただけるようになります。


RoboCar MiniVanとdPACE社MicroAutoBoxⅡの接続
製品のお問い合せはこちら

6.RoboCar MiniVanレンタル

RoboCar MiniVanおよび各種オプションセンサー、IZACが搭載された自動運転開発用プラットフォーム一式を

1ヶ月単位でレンタルいたします。

※レンタル車両に限りがございますので、レンタル可能時期についてはお問合せください。

 

【レンタル価格】

  お問合せください

製品のお問い合せはこちら

RoboCar MiniVanを活用した自動運転活用支援サービス

ZMPがRoboCar MiniVanやIZACを使ってこれまで積み重ねてきた自動運転のノウハウを、お客様へZMP製品・サービスを活用した支援サービスとしてご提供いたします。
【活用サービスの例】

自動運転システムを活用した自動運転サービスの実証実験支援 近年自動運転の技術開発が進み、昨今では自動運転の基礎研究・開発から、人や物の輸送サービスなど実用化にむけた検証が盛んになってきています。そこでZMPでは、RoboCar MiniVanやIZAC、センサー類を使って自動運転の公道実験を積み重ねてきた実績を活かし、お客様が自動運転の活用サービス事業にむけた実機検証のご支援をいたします。

【自動運転活用実験のニーズ】

地方の過疎地域での自動運転タクシーの導入

・原発避難区域の帰還後の住民の足として自動運転タクシー

・ニュータウンにおける自動運転活用サービスによる活性化

・レジャー施設内の移動設備として自動運転の活用

・高級住宅街の価値向上として自動運転車(タクシー)の活用

昨今では、これらの実現にむけた初期フェーズとしての実証実験が盛んに行われてきております。

【ZMPの支援内容】

(1) 自動運転実験車両とシステムの提供

愛知県、神奈川県、および東京(文京区、お台場など)で実績を積んできたRoboCar MiniVanと自動運転開発ソフトウェアIZACの導入と、サービスシナリオにあわせた追加開発などを行います。

(2) 行政への実験申請のご支援

自動運転実験のガイドラインに沿った、自治体、警察への申請や地域住民への説明などをご支援します。

(申請・説明の主体はお客様となります)

(3) リスクアセスメント

実験を行う上での技術面、運用面でのリスク確認とそれらに対する具体的な対策の立案をご支援します。

(4) 技術支援・運用体制

実験システムの技術サポート体制、およびセーフティドライバーや安全管理を含めてサービス実験の運用体制をご提供します。

運用面においては、ZMPとハーツユナイテッドグループが2015年に合弁で設立した株式会社ZEGが担当し、実験を全面的にご支援いたします。


【価格】
   自動運転を活用したサービス実証実験支援   2,000万円~(税別) ※実験車両の購入費は含みません。
   ※実験の内容やお客様との役割分担によって価格は個別の御見積となります。
    お気軽にご相談ください。

【実証実験の事例】
  シンギュラリティ大学様 ホテル~会場へのタクシー実験(ニュースリリース)
  シンギュラリティ大学のイベントで、自動運転機能を使った送迎者の実験走行を実施
  グランドニッコー東京台場 ~ 日本科学未来館までのおよそ1.5kmをRoboCar MiniVanをベースとした自動運転実験車両で走行し、
  イベントのスピーカーの搭乗の様子を公開いたしました。
2017年9月 米シンギュラリティ大学のイベントで自動運転機能を使った送迎車の実験走行


製品のお問い合せはこちら

RoboCar MiniVanの導入に関するご留意事項

RoboCar MiniVanは市販ハイブリッドミニバン車両にZMP独自のコントローラーから車両へ電気的な介入を行っておりますため、導入・利用にあたっては以下のことにご留意いただく必要があります。
 。 本製品の資料は研究用途に限られます。一般の旅客、輸送用途へそのままご利用いただくことはできません。
 。 本製品を利用する場合には、訓練を受けた者が搭乗するか、その者の監督の下で安全を確認のうえ、利用してください。
 。 搭乗の際は、安全装備(ヘルメット・グローブなど)を着用し、シートベルトを必ず着用してください。
 。 弊社にて保証する半には、RoboCar MiniVanの製品仕様書記載の機能および性能のみとなります。
 。 本製品を走行させる場所は、一般の人が立ち入らない制限された敷地を用意し、その敷地内のみで走行させてください。
 。 本製品と、本製品の一部もしくは搭載の技術は、人命にかかわるような用途
  (例えば医療、航空、宇宙などきわめて高い信頼性が要求される)でご使用はできません。
 。 本製品導入にあたっては、覚書を締結していただく必要がございます。 
製品のお問い合せはこちら

RoboCar MiniVanの活用事例紹介(順次アップデート予定)

事例1:ZMPにおけるRoboCar MiniVanによる自動運転

事例2:株式会社アイサンテクノロジー様

事例3:国立大学様(近日公開予定)

事例4:大手自動車関連部品メーカー様(近日公開予定)

 

 

電話でのお問い合わせ

電話でのお問い合わせの場合は、03-5844-6210(プラットフォーム事業部直通)までご連絡いただきますようお願いいたします。

(受付時間 月~金 9:00~18:00)

TOPへ

この内容で送信します。よろしいですか?