成田国際空港制限区域内における自動走行車両による実証実験について

丸紅株式会社と株式会社ZMPの合弁会社であるAIRO株式会社を設立し、成田国際空港株式会社が運営する成田国際空港制限区域内において、本年1月28日~30日の3日間、自動走行車両による実証実験を実施いたしました。

下記にて、今回の取り組みについて紹介します。

実証実験の経緯

上記にて紹介したAIROは、旺盛なインバウンド需要を背景とした航空輸送の拡大と生産年齢の人口減少に伴う空港グランドハンドリング業務の深刻な労働力不足に対応するため、空港ビジネスの知見・ノウハウを広く持つ丸紅と、自動運転技術の開発の先駆者として「R&Dから量産」を目指すZMPにより設立されました。

AIROは、国土交通省航空局が国内初の取り組みとして公募した「空港制限区域内の自動走行に係る実証実験」の実施者として、本実証実験を行いました。

本実証実験の狙いとして、丸紅グループであるスイスポートジャパン株式会社のグランドハンドリングスタッフの輸送を想定したルートを、ZMPが開発した自動走行車両で走行します。

本実証実験を通じて、環境やルールが公道とは異なる空港制限区域内における自動走行車両を利用する際の課題の確認やデータ収集を行います。

実証実験の走行動画

実証実験の様子

空港制限区域内走行の様子
車内からの様子

関連製品

ZMPでは、自動運転化をささえるさまざまな製品を提供。
 本実証実験でも活用しているプログラムから制御可能なRoboCarシリーズや、その他にも最大150m、水平100°の距離と視野のセンシングが可能なステレオカメラRoboVision3、GPSと気圧を計測しCANで送信可能なPosition-Z、加速度・ジャイロ・地磁気を無線(bluetooth)で計測可能なIMUセンサIMU-Z2など様々な技術開発へ活用可能な製品をラインナップしております。
 各製品の詳細については、下記よりご参照いただければと思います。
RoboCar シリーズ
自動運転技術開発プラットフォームRoboCarシリーズ概要について
RoboVision3
最大150m、水平100°の距離と視野のセンシングが可能なステレオカメラ
Position-Z
CAN出力可能なGPS・気圧一体型ポジションセンサ
IMU-Z2
無線・有線で計測可能な9軸モーションセンサ

製品のお問い合わせはこちら

TOPへ
03-5844-6210