製品・サービス Products

物流ロボットCarriRo|無人化ソリューション

ZMPの自動運転技術を活用したAGV, 無人フォークリフト、無人けん引車などの製品群から構成されるCarriRoシリーズは、倉庫・工場などで行われるあらゆる搬送シーンを無人化するための汎用的なソリューションをワンステップで提供しています。
さらに、CarriRoはクラウドサービス「ROBO-HI」にもつながり、生産性の把握や複数台の協調制御、外部の設備機器との連携を実現します。

CarriRoを連携・複数制御できる
クラウドサービス『ROBO-HI(ロボハイ)』

ROBO-HIは、①運用の可視化(リアルタイム稼働監視、生産性レポート)、②複数台同時制御(すれ違い、呼び出し、自動配車)③遠隔操作などができます。

CarriRoシリーズ|ソリューション一覧


工場全体の無人化ソリューション

本ソリューションでは、一般的な工場内物流を想定し、部品類の荷受けから製品としての出荷までの一連の業務における搬送シーンにおいて、CarriRoシリーズのどのモデルをどのように活用するかによって、どの程度の省人化効果を実現できるか、などを説明する資料を下記よりダウンロードいただけます。

食品業界向けソリューション

食品・飲料系倉庫における課題を解決するために、CarriRoによる自動搬送ソリューションを資料として公開するとともに、導入後すぐに運用を開始いただけるサポートプランをご提供しています。
一般的な食品・飲料系倉庫での搬送業務
入荷 パレットで入荷し、フォークリフトで搬送、保管エリアの棚に格納する。
出荷

スリムカート又はカゴ台車でピッキング。


その後バースまで作業者が人手で搬送、所定の位置に置き、トラックに積み込む。

一般的な運用上の課題

・フォークリフトの稼働台数が多い、人件費負担及び安全上の課題がある。


・ピッキングに多くの人手が必要となる。また飲料の場合には重量が重く、搬送頻度も高いため、作業員への負荷が大きい。

キャリロを活用した運用
入荷

 

無人フォークリフトCarriRoFork又はCarriRo®AD+(パレット積載タイプ)を用いて自動搬送

 

出荷

 

スリムカート又はカゴ台車を使用する場合には、AD+(台車タイプ)を用いて牽引


ピッキング時は柔軟な動きが求められるため追従機能を活用

 

バース迄の搬送時は、自律移動機能に切り替え、自動搬送を行う

 

ここで自動離脱アタッチメントを用いればさらに省人化効果が上がる

 

小売店舗向けソリューション

場所を選ばずどのような場所でもご活用いただけるというCarriRoの特長、また既存の台車(カゴ台車・6輪カートなど)を牽引するための豊富なアタッチメントを最大限に活かしたソリューション
一般的な店舗での搬送作業
  • 入荷商品をカゴ台車、6輪カートなどでバックヤードまで搬送
  • 開店前の商品補充にのための搬送
  • 営業時間内での品出し作業
  • お客様の購入品をバックヤードからサービスカウンターまでの搬送
キャリロを活用した運用とメリット
  • 入荷商品のバックヤードまでの自動搬送
  • バックヤードから各陳列棚までの自動搬送
  • 追従機能を活用した品出し作業による、搬送時間の削減、作業負担の軽減
  • バックヤードからサービスカウンターまでの購入品の自動搬送

院内物流向けソリューション

CarriRoでは追従機能時に搬送物の重量によって最大速度の制限を自動で調整することで、軽いものであれば速く快適に、重いものであればより安全に荷物を搬送することが可能となります。

多種多様な搬送作業が発生する病院内で、新機能により更に幅広い環境で使用可能となったCarriRoを活用したソリューションを提供しています。
一般的な病院での搬送作業
  • 看護師2人による、ベッドやストレッチャーといった長尺物の搬送
  • パソコン台と物品用ワゴンの搬送
  • 入院患者とその荷物の搬送
  • 入荷場から保管室への消耗品の搬送
キャリロを活用した運用とメリット
  • ベッドやストレッチャーを指定した部屋前まで自動搬送
  • パソコン台と物品用ワゴンの同時搬送による搬送時間の削減、作業負担の軽減
  • 車いすに乗った患者を部屋まで移動しつつ、追従機能で患者の荷物を搬送
  • 入荷場から保管場への消耗品の自動搬送
こちらのソリューションの詳しい情報は下記の『お問合せ』よりご連絡ください。

GTP(棚搬送型)ソリューション

CarriRoは、専用パレット台車への自動潜り込み・切り離し機能を活用することにより、GTP(棚搬送型)ロボットとしての運用が可能です。
CarriRoの高い柔軟性や低コストの特徴を活かしつつ、既存設備でも導入しやすいGTPソリューションについてご紹介いたします。
昨今、コロナ禍の巣ごもり需要に端を発するECや通販市場の急速な進展により物流ニーズが高まっています。当該業種における倉庫内業務においては、特に商品の入出荷・ピッキング業務において、従来の手作業による搬送では、作業者の業務負荷や人手不足などの課題があります。
その解決策として、GTP(棚搬送型)がありますが、占有スペースの特殊設計や高額なシステム導入費用、またピッキング業務の省人化は出来ても入出荷の搬送は人手で行う必要がある、などの課題は残るります。
CarriRoのGTPソリューションはCarriRoの特徴である『導入のしやすさ』と『入出荷の自動化』を活かした新たなGTP(棚搬送型)ソリューションです。

パートナー企業のシステムと連携することで、さらに便利! 
物流DX推進ネットワーク『CarriRo Connecting Partners』

物流向けのソリューションを共同で提供するパートナー企業と物流DX推進ネットワーク「CarriRo Connecting Partners」は最先端の自動搬送ソリューションを提供します。

デモ・製品のお問い合わせについて

なお、導入に際しましては、製品説明・デモンストレーションなど対応いたしますので
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。
導入説明会の様子(デモ中)
導入説明会の様子(スライド説明)

導入説明・実機デモについてのお問い合わせ

アクセス

   〒135-0051 東京都江東区枝川3丁目11-10   月島倉庫 (4F)
    JR京葉線・武蔵野線 「潮見駅」より、徒歩約6分

アクセスマップ

物流に貢献する CarriRoシリーズ製品

モノの移動を自由にするCarriRoシリーズ製品として、自律移動機能を搭載したCarriRo AD(エーディー)やパレット搬送にも対応したモデルCarriRo AD+(エーディー プラス)、また自動運転技術を活用した無人フォークリフトCarriRo Forkをラインナップ。
CarriRo(キャリロ)
CarriRoの全モデルやオプションやソリューションなどを紹介
CarriRo AD(エーディー)
ランドマークを活用した自律移動機能を搭載した最新モデル
CarriRo AD+(エーディープラス)
最大可搬重量800kgとこれまでの2倍以上の重量に対応する重量版モデル
無人フォークリフトCarriRo Fork
自動運転技術を活用した無人フォークリフト。CarriRo AD+と連携した自動化を実現
TOPへ