ハーバード大学&スイスK-Team発、超小型群ロボットKilobot事例紹介


-当社国内独占販売の研究向けロボット。AI・群制御の理解促進、研究開発に—

ハーバード大学&スイスK-Team発、超小型群ロボットKilobot事例紹介

 

           
 

Kilobot                                                     多数のKilobotで実験(イメージ)
                                                                                    

株式会社式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒、以下ZMP)は、この度、当社国内独占販売のハーバード大学開発、K-Team社(スイス)製造の超小型群ロボットKilobot(キロボット)の研究事例動画をウェブサイトに公開いたしました。

 ZMPは、これからもAI・ロボティクス分野での研究開発を支援いたします。Kilobotは、世界各国でAI・ロボティクス分野における研究で活用されている超小型ロボットです。直径33mmのボタン電池サイズのボディにリチウムポリマー電池を搭載。2つの独立制御可能な振動モータで移動し、赤外線通信により近くのKilobotと通信が可能です。モータ制御、LED制御、距離測定などのAPIと、サンプルプログラムにより、複数のロボットで自律的に群れを作り、行動を行うといった協調行動・群制御のプログラミングが可能です。多数のロボットにより、災害時のがれきの中から生存者を発見したり、環境をモニタリングし有害物質を除去したり、といった用途の研究にご利用いただけます。Kilobotはハーバード大学により開発され、当社提携先のスイス連邦工科大学(EPFL)発のK-Team社(スイス)*にて製造されるロボットで、日本国内においては当社が独占販売を行っております。

 

製品紹介超小型群ロボット Kilobot
http://www.zmp.co.jp/products/kilobot

【研究事例紹介】

What intelligent machines can learn from a school of fish(TEDプレゼンテーション2017)  

 
Error Cascades in Collective Behavior (AAMAS 2017)  

 

Programmable self-disassembly in large-scale collectives (DARS 2016)  

 

コントローラ画面
 

【特徴】

低コスト
小型(直径33mm)
高精度モータ制御(255段階)
他のKilobotとの相互通信
2つのKilobot間の距離計測
周囲光センシング
RGB LED搭載
充電式、取り外し可能なリチウムポリマー電池搭載
Kilobotコントローラにより多数のKilobotのプログラミング・制御が可能

【価格】
為替の変動により、金額も変わりますので、フォームよりお問合せください。

 

プレスリリース記事
プレスリリースPDFはこちらからご確認いただけます。
 

TOPへ
TOPへ

この内容で送信します。よろしいですか?