製品・サービス Products

自動運転ソリューション -自動運転を支える製品群-

自動運転ソリューションを実現する構成要素

自動運転を実現するためには、自動運転可能な車両ハードウェア、車両を制御するためのソフトウェア、自動運転に必要なセンシングを行うためのセンサーが重要となります。

自動運転ソリューションのサービスを構成する主要な構成要素について下記にて紹介します。

1.自動運転用車両プラットフォーム RoboCar シリーズ

ZMPは、自動運転を可能にするためプログラムから制御が可能な車両を自社で設計・製造してまいりました。

現在は、ラジコンサイズの車両から一人乗りの電気自動車、ミニバンタイプの車両、ハイヤーサービスに人気の高いSUVタイプの車両と様々な車両をラインナップし用途に応じてベース車両を選択いただけます。

自動運転技術開発プラットフォームRoboCar®シリーズについては
下記より参照いただくか、要望に応じてご提案いたします。

2.自動運転用ソフトウェア IZAC(アイザック)

自動運転を実現するためには様々なセンサーの搭載とセンサー情報の統合処理が求められます。また、自動運転においては、ハードウェアだけでなく、車両を制御するための“頭脳”の部分が重要となります。自動運転用ソフトウェアIZAC(アイザック)は、周辺環境を認識するセンサー情報の取り込むためのインターフェースを備え、そのセンサー情報を処理して自動運転を可能にする認識・判断処理を行うことが可能なコンピューターのハードとソフトを兼ね備えた製品です。

IZACは自動車を公道で自動運転させるために特化したミドルウェア及び開発環境として一から設計され開発されました。ZMPがこれまで行ってきた自動運転の実証実験のプラットフォームとして採用され実績を積んでいます。

自動運転用ソフトウェアIZAC(アイザック)については
下記ページを参照いただければと思います。

3.自動運転用センサー

自動運転にはあらゆる状況でセンサーが周辺の環境の認識が要求されます。そのため様々な種類のセンサーを搭載しセンサーフュージョンし、次の制御を安全に、正確に、迅速に行う必要があります。
これまでZMPで取り組んできた、自動運転の取り組みで搭載したセンサーや対応可能なセンサーについて以下で紹介いたします。

ADAS/自動運転用ステレオカメラユニット
 RoboVision3

360度のスキャンが可能な
 RoboSense 3D-LiDAR

車両周辺の物体の検出・認識が可能な
ibeo SCALA

物体の検出・トラッキングが可能な
RoboVision2s 

など、要望に応じて対応が可能です。

自動運転時に搭載可能なセンサー群については
下記ページを参照いただければと思います。

自動運転技術を支えるセンサー

自動運転ソリューション|MaaS(Mobility as a Service)適用サービス

近年、「人口の減少」や「高齢化社会」により、車などの移動体を保有する人の数が減少傾向にあるため、世界中でMaaS(Mobility as a Service)とよばれる『利用者自身が車などの移動体(Mobility)を保有せずに利用できる移動・運搬サービス』が増えています。ZMP ではお客様の創造するMaaS サービスを自社の自動運転技術と組み合わせ、実現する「自動運転プラットフォーム」(自動運転システム+サービスプラットフォーム)を提供いたします。

自動運転を活用したMaaS開発ソリューションの詳細については下記バナーより詳細をご確認いただけます。

自動運転ソリューション サービス紹介メニュー

TOPへ
03-5844-6210