製品・サービス Products

2チャンネルCAN同時接続 小型CANUSBインターフェース

概要・特徴

耐振動性を向上した CANUSB-Z ケーブルタイプ
-振動の多い自動車・建機・農機などの移動体のCANバス計測に-
本製品は、従来のUSBケーブル接続タイプに加えて、ケーブルを固定した「CANUSB-Z ケーブルタイプ」の製品です。
本製品は、従来品の同期信号入力や他機器への電源供給、すべてのCAN通信を可視化するビューワアプリなどの機能はそのままに、固定ケーブルの採用により、車両や移動体、ロボットの走行など、振動の多い環境でも安定したデータ計測が可能となっております。
CANUSB-Z ケーブルタイプは実車走行データ計測サービスRoboTestのデータ計測のツールとしても使用実績があり、車載時においても安定したデータ計測が可能です。
また、2チャンネルのCANを装備しUSBにてPCに接続が可能な小型インタフェースモジュールです。CANボーレートは1Mbps、同期信号入力や、他機器への電源供給も可能です。CANの通信設定とデータの確認が可能なコンフィギュレーションツールが付属、小型軽量なため車両内や実験室、ラボなど場所を選ばずに利用可能です。また、オプションのViewerアプリケーションでは、CANデータから特定のIDを取り出し物理値などに変換するデータベース作成機能と、保存済みのログデータをテストベンチデータとして再生する機能が含まれます。自動車や車載機器、建機・農機など産業用機械の開発や実験におけるCANバスの計測、車両データとセンサなど異なるチャンネルのCANデータの同期取得、といった用途ですぐにご活用頂けます。
価格は、小型CANUSBインタフェース「ZMP CANUSB-Z ケーブルタイプ」が40,000円(税別)、オプションのViewerアプリケーション付属「ZMP CANUSB-Z ケーブルタイプ&Viewer」が90,000円(税別)です。

【特徴】
・2チャンネルのCANインタフェースを装備した小型CANUSBインタフェース
・すべてのCANデータの取得が可能
・USBバスパワー駆動
・5V電源出力により他の機器に電源供給可能
・デジタル入力(1チャンネル)により同期信号が入力可能
・終端抵抗を内蔵(背面スイッチで設定)
・CAN通信の設定と簡易モニタリングツール付属(Windows)
・データベースで変換したデータを活用するAPIを用意
・(オプション)CANデータを抽出し物理値などに変換するデータベース作成ツール、ログデータ再生ツール(Windows)

仕様

CANチャンネル数

2 (D-subコネクタ ×1)

CANボーレート 最大1[Mbps](125, 250, 500, 1000[kbps]切替)
コントローラ CAN2.0A, 2.0B (ID:11, 29[bit])
PCバスインタフェース USB2.0(バスパワー給電)
IOインタフェース デジタル入力 ×1(シュミットトリガー、最大1[kHz]、最大30[V])アナログ入力 ×1(0-16[V]、12[bit])
タイムスタンプ 10[μs]
電源出力

USBバスパワー(5V)/EXT(最大16V3A)

サイズ・重量

約60×40×20[mm]、約50[g]

アプリケーション

Windows 7/8

ドライバ Windows 7/8、Linux
動作環境

-20~60[℃]  ※結露なきこと

価格

ZMP CANUSB-Z ケーブルタイプ 40,000円(税別)
<構成>
・CANUSB-Z ケーブルタイプ 本体 ×1
・アプリケーションCD-ROM ×1
(コンフィギュレーションツール、ドキュメント)
※製品画像および画面は開発中のものです。

ZMP CANUSB-Zケーブルタイプ&Viewer 90,000円(税別)
<構成>
・CANUSB-Z ケーブルタイプ 本体 ×1
・ViewerアプリケーションCD-ROM ×1
(データベース作成アプリケーション、Playerアプリケーション、
コンフィギュレーションツール、マニュアル)
分岐ケーブル(オプション) 5,000円(税別)

DSCF1763CANUSB-ZのD-SUB 9pin(メス)をCAN0とCAN1のコネクタに分岐するケーブルオプションとなります。
・D-SUB 9pinオス / D-SUB 9pinオス ⇔ D-SUB 9pinメス
TOPへ

製品のお問い合わせ・カタログダウンロードはこちら

この内容で送信します。よろしいですか?