事例紹介cases

埼玉工業大学 埼玉県初の自動運転実証実験へ活用

埼玉工業大学に導入されたRoboCarⓇ HVと公道実験(お台場)の様子(※写真:埼玉工業大学提供)
埼玉工業大学では2016年に創立40周年を迎えたことを機に、ものづくり研究センターを新築し次世代自動車プロジェクトとして、自動運転に関する研究開発を進めてこられました。2017年10月からは私立大学として唯一内閣府のSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)に参加され、お台場にて公道による自動運転の実証実験を行っています。
2017年12月からは埼玉県深谷市において、人材育成やまちづくりに役立つ自動運転関連産業の育成を図ることを目的として、埼玉県初の公道による自動運転の実証実験をスタートしています。本実証実験は2019年3月まで継続される予定となっています。

実証実験の詳細については、埼玉工業大学プレスリリースをご参照ください。

https://www.sit.ac.jp/media-s/2017/press/171027_01.pdf
https://www.sit.ac.jp/media-s/2017/press/171016_01.pdf
本実証実験における実験用車両は、ZMPの自動運転開発プラットフォームであるRoboCarⓇ HVを活用されています。RoboCarⓇ HVは、市販ハイブリッド車をベースとして、外部コンピューターから車両制御ができるように改造された自動運転開発プラットフォームです。ユーザーは付属のPCにインストールされたサンプルプログラムで容易に車両制御を行うことができます。またRoboCarⓇとの通信用に提供されるCAN(Controll Area Network)の情報を使って、ユーザが独自のコンピューターから車両を制御することもでき、自動運転やADAS(高度運転支援システム)にかかわる多くの開発関係者にご利用をいただいております。

ZMPでは埼玉工業大学に導入したRoboCarⓇ HVに加え、乗車人数や積載容積の大きく、実験時に多くの同乗者や実験機材を搭載できるミニバン型ハイブリッド車ベースのRoboCarⓇ MiniVanを提供しております。自動運転の実験を安価に素早く開始したいお客様向けに、自動運転のオープンソースソフトウェアであるAutowareを搭載した「RoboCarⓇ MiniVan Autowareパッケージ」も併せて提供しております。

さらにRoboCar MiniVan公道走行パッケージ、RoboCar MiniVan 公道実験支援パッケージ、ZMP独自の自動運転コンピューティングプラットフォーム「IZACⓇ」なども提供しており、これまで多くの研究機関様や自動運転の研究開発を推進する企業様に導入いただき、自動運転の実証実験などのご支援をして参りました。 今後も、当社は自動運転開発プラットフォームの提供や実証実験の支援を通じて、自動運転技術の向上へ貢献して参ります

関連製品

RoboCar MiniVan
市販ハイブリッドミニバンベース 自動運転車開発プラットフォーム
TOPへ