製品・サービス Products

自動走行ロボットサービス開発キット「IZAC® SDK」
~ロボット配送サービス構築支援 宅配・フードデリバリー・ゼネコン・不動産デベロッパー・IT企業などへ提供~ 

「IZAC SDK」は、屋内外を走行可能なロボット本体とロボットを動かすためのソフトウェア開発環境(SDK)をセットで、ロボット配送サービスの事業化を目指す、宅配・フードデリバリー・ゼネコン・不動産デベロッパー・IT企業などを対象に提供します。

『IZAC SDK』の概要

コロナ禍における非接触サービス・無人化のニーズの高まりにより、様々なシーンでロボット活用が進んでいます。特に、公道を走行する自動配送ロボットについては規制緩和が進み、物流のラストワンマイルの非接触サービスとして実用化が見え始め、多くの企業が参入を始めています。

「IZAC SDK」は、屋内外を走行可能なロボット本体とロボットを動かすためのソフトウェア開発環境(SDK)から構成されます。ロボットは、全長80cm×全幅65cmと小型で、上部には自動開閉可能なロッカーを搭載しています。最高時速6kmで走行し、5cmの段差、8°のスロープの走行ができる高い走破性を有します。
自動走行ロボット本体
IZAC SDKイメージ

SDKには、ZMP独自の自動運転コンピューティング「IZAC」をコアとした、自動走行ソフトウェア統合開発環境「ZMP RoboSuite」を搭載。ロボットを自動走行させるために必要となる機能をAPIとして提供します。

「IZAC SDK」を用いることで、ロボットをA地点からB地点へ自動走行させる、目標物に追従走行をさせる、といったアプリケーションの開発が可能となり、ロボットを活用した様々なサービスの開発へご利用頂けます。

『IZAC SDK』の用途例

  • ロボットを用いた自動配送サービスの開発
  • ITサービスと連携した自動走行ロボットによるサービスの開発
  • 環境、顔・人認識システムを搭載した移動ロボットによるサービスの開発
  • 5G通信による遠隔監視・操作が可能な移動ロボットによるサービスの開発
  • クラウドと連携した複数ロボットの協調制御によるサービスの開発

など

『IZAC SDK』の主な仕様

ロボット本体  寸法/重量  長さ80.0cm×幅65.4cm×高さ108.9cm/約110kg
 速度  最大6km/h
 搭載センサー

 3D-LiDAR、2D-LiDAR(×2)、ステレオカメラ、

 

 単眼カメラ(×4)、全方向マイク、加速度、ジャイロ 等

 汎用ボックス  (内寸) 長さ30cm×幅50cm×高さ20cm(自動開閉可能)
 駆動方式  前輪操舵、後輪駆動(独立二輪)
 通信  4G/LTE
 充電/稼働時間  1時間充電/4時間稼働 (利用環境・頻度等により異なる)
ソフトウェア

 

開発環境(SDK)

 対応環境  ROS、ZMP IZAC
 主なAPI  自動走行、地図情報、障害物回避、センサー情報、ロボット情報 等
 ツール

 シナリオ開発環境(ZMP Z-RAPH)

 

ビジュアライゼーション環境(ZMP RoboViz)

 

シミュレーション環境(ZMP RoboSim)

 オプション  ロボットの「目」  高輝度LEDパネル
 通信モジュール  SIMの搭載が可能
 クラウド連携  クラウドサービスROBO-HIによるロボットの管理・操作が可能

   ※仕様は予告なく変更となる可能性があります。

価格

自動走行ロボットサービス開発キット「IZAC SDK」 900万円(税別)

(ロボット本体+ソフトウェア開発環境(SDK)ライセンス(1年間))
ソフトウェア開発環境(SDK)ライセンス(2年目以降): 月額9万円(税別)/台
マップ作成 : お問い合わせください
実証実験コンサルティングサービス : お問い合わせください

※本製品は、2021年夏頃出荷開始予定です。

製品のお問い合わせ・情報はこちら

関連製品・サービス


RoboCar1/10X
実車の1/10スケールの自動運転/AI技術開発用ロボットカー



POWER WHEEL II
移動台車の研究開発用プラットフォーム




RoboCarシリーズ
ミニバンやSUV、小型電動バスなどの様々な自動運転車両をラインナップ


 
CarriRo Connecting Partners
CarriRoシリーズと、WMS・ピッキング・バース管理など倉庫や工場内の様々な他社システムとの連携による自動化トータルソリューション
TOPへ