製品・サービス Products

超小型群ロボット Kilobot

Introduction to Kilobot(英語)
Demonstrations of Kilobot collective behaivors on up to 29 robots(英語)

概要・特徴

2011年6月1日、弊社は、カー・ロボティクス分野の研究の加速をめざし、研究・教育用小型移動ロボットの開発・販売を行うスイスK-Team社と両社商品の相互販売を行うことで合意いたしました。

■K-Team社について
K-Team社は、スイス連邦工科大学(EPFL)の小型移動ロボットKheperaの成果をもとに設立された会社です。
世界中の研究者に広く使われているKheperaシリーズを始めとする、先端研究・教育で使われる高品質の小型移動ロボットの
開発・製造・販売を行っています。

超小型群ロボット Kilobot
Kilbotは、低価格で、簡単に利用できる、超小型群ロボットです。
多数の小さなKilbotが“群れ”を作って、自律的に行動、同期、制御を行うようにプログラミングすることができます。
この群れは、たとえばアリの群れを想起させます。アリの群れは、巨大で複雑な自然環境の中、エサの在りかを探し当て、大きなエサを力をあわせて運び、巣を建設します。この自然からのヒントをもとに、ロボットの群れが、がれきの山から生存者を見つけるトンネルを掘ったり、環境をモニタリングして汚染物質を除去したり、作物の生育に必要なミツバチの減少を助けたり、倒壊した建物の支持構造を形成するために自己集合をしたりすることが、できるようになるかもしれません。
群制御の理解を促進し、幅広い可能性を実現するための研究プラットフォームとして、Kilobotは最適に設計されています。

特徴
・低コスト
・小型(直径33mm)
・細かなモータ制御(255段階のパワー出力)
・7センチまでの他のKilobotとの通信
・2つのKilobot間の距離測定
・周囲光センシング
・RGB led
・充電式・可動式バッテリー
・簡単操作(Kilobotコントローラー1台で、数百のKilobotを一度にプログラミングし、制御することができます。)

仕様

プロセッサ ATmega 328 (8bit @ 8MHz) 
メモリ

32KB Flash(ユーザプログラミング、ブートローダ)、

1KB EEPROM(キャリブレーションデータやその他非揮発性データ格納)、2KB SRAM

バッテリ

充電式Li-Pol 3.7V(3か月スリープモード可能)。

6ボルトが脚に、GNDが充電タブに適用される際、Kilbot内蔵の充電器がオンボードバッテリを充電します。

充電 Kilobot充電器(オプション)
通信 7センチ以内の隣のKilobotと、地表面反射赤外(IR)光により、通信できます。
センシング

メッセージを受信するとき、送信Kilobotまでの距離は、受信信号強度を用いて決定することができる。

Kilobotを照らす周辺光の明るさを検出することができます。

動作

各Kilobotは、ロボットの差動駆動を可能にする独立制御である2振動モーターがあり、

各モーターは255種類のパワーレベルに設定することができます。

ライト それぞれのKilobotは、RGB LED(上方に発光)を有しています。明るさは3段階でコントロールできます。
寸法 直径は33 mmであり、高さ(脚を含む)34ミリメートルです。
ソフトウェア

Kilobotコントローラソフトウェアにより、コントローラボードを制御し、

ロボットにプログラムファイルを送信し、ロボットを制御することができます。

プログラミング

オープンソース開発ソフトウェアWinAVRがCプログラミングの開発環境を提供します。

基本的な機能(モータ速度、LED制御、距離測定など)のAPIが利用可能で、いくつかのサンプルが付属しています。

デバッグ シリアルアウトプットのヘッダ情報を、コンピュータのターミナルを介すことで、各Kilobotのデバッグに利用できます。

価格

※個人の方でもご購入いただけます。
Kilobot(10個パック) (価格はお問い合わせください)
Kilobotコントローラ  (価格はお問い合わせください)
Kilobot充電器     (価格はお問い合わせください)
Kilobotサポートパッケージ(1年間) (価格はお問い合わせください)
※マニュアルは英語となります。

使用イメージ

Kilobotコントロールソフトウェア

動画

製品のお問い合わせ・カタログダウンロードはこちら

TOPへ
03-5844-6210