製品・サービス Products

小型EVバス車両ベース自動運転車両 RoboCar® Mini EV Bus

概要・特徴

「RoboCar® Mini EV Bus」は、小型電動バスをベースに、ユーザーが外部装置(PCや専用装置)より制御信号を入れることで制御ができるようにZMPの制御装置を組み込んだ自動運転用の車両装置です。

「RoboCar® Mini EV Bus」は、従来のRoboCar®シリーズの特徴はそのままに、バスの特徴を生かしより多くの人を自動運転で運ぶことが可能です。

RoboCar® Mini EV Busは、RoboCar® MiniVan/SUVと同様に、車載ネットワークCAN(Control Area Network)を介して、ベース車両に搭載されているセンサ情報を取得でき、且つZMP独自のコントローラによってアクセル、ブレーキとステアリングの制御が可能な車両です。

通常はドライバーの操作(アクセル・ブレーキを踏む、ステアリングを回す)で制御される車両をユーザーのコンピューターや専用装置から制御できるため、自動運転車両を活用した人の輸送やバスを活用した物の輸送サービスの現場において、車両プラットフォームとして活用することができます。

RoboCar Mini EV Bus活用事例動画

RoboCar Mini EV Busを活用した事例として、丸紅株式会社と株式会社ZMPの合弁会社であるAIRO株式会社が、中部国際空港制限区域内において、2019年3月18日~3月20日の3日間、自動走行車両による実証実験を実施した際の動画をご紹介いたします。

仕様

【特徴・基本性能】

・ 乗車定員を11名としたミニバスの自動運転車両
・ CAN情報取得が可能(速度、ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトポジションなど)
・ ZMP独自コントローラによりステアリング、アクセル、ブレーキをプログラムで操作可能
・ 自動制御モードとマニュアルモードの切り替え可能
・ オプションでカメラやレーザレンジセンサ等の外界センサ、大容量バッテリシステム、また、遠隔監視システムなどを搭載可

センサー搭載例

要望に応じたセンサの搭載や遠隔監視システムなどのシステムの追加が可能です。
3D-LiDAR
ステレオカメラ
遠隔監視システム

オプション例

自動運転ソフトウェアプラットフォームIZAC(アイザック)

IZAC(アイザック)とは、自動運転用のソフトウェアプラットフォームです。IZAC(アイザック)を搭載したコンピューター(PC)へセンサーを接続し、認識させることで、IZACの制御コンポーネントを通じて判断を行い、制御することであらゆる機械をコントロールすることが可能です。IZACで開発された制御コンポーネントを利用することで効率的に自動運転走行や認識アルゴリズムの開発が行えます。
IZAC
自動運転・ADAS開発プラットフォーム用コンピューターIZAC

使用用途

・人の輸送を想定した自動運転サービス開発に
・高齢者の移動手段、近距離移動車両の研究開発に
・自動運転車両を用いたモビリティーサービスの車両に
・装置を搭載した自社製品・技術の実車での評価に
・クルマとITを連携させたサービスやアプリケーションの実験に

価格

導入に向けての価格についてはお問い合わせください。

製品カタログダウンロード

製品のお問い合わせはこちら

TOPへ