製品・サービス Products

自動運転車開発プラットフォームRoboCar MiniVan

RoboCar MiniVanを活用した自動運転活用支援サービス

ZMPがRoboCar MiniVanやIZACを使ってこれまで積み重ねてきた自動運転のノウハウを、お客様へZMP製品・サービスを活用した支援サービスとしてご提供いたします。
【活用サービスの例】

自動運転システムを活用した自動運転サービスの実証実験支援 近年自動運転の技術開発が進み、昨今では自動運転の基礎研究・開発から、人や物の輸送サービスなど実用化にむけた検証が盛んになってきています。そこでZMPでは、RoboCar MiniVanやIZAC、センサー類を使って自動運転の公道実験を積み重ねてきた実績を活かし、お客様が自動運転の活用サービス事業にむけた実機検証のご支援をいたします。

【自動運転活用実験のニーズ】

地方の過疎地域での自動運転タクシーの導入

・原発避難区域の帰還後の住民の足として自動運転タクシー

・ニュータウンにおける自動運転活用サービスによる活性化

・レジャー施設内の移動設備として自動運転の活用

・高級住宅街の価値向上として自動運転車(タクシー)の活用

昨今では、これらの実現にむけた初期フェーズとしての実証実験が盛んに行われてきております。

【ZMPの支援内容】

(1) 自動運転実験車両とシステムの提供

愛知県、神奈川県、および東京(文京区、お台場など)で実績を積んできたRoboCar MiniVanと自動運転開発ソフトウェアIZACの導入と、サービスシナリオにあわせた追加開発などを行います。

(2) 行政への実験申請のご支援

自動運転実験のガイドラインに沿った、自治体、警察への申請や地域住民への説明などをご支援します。

(申請・説明の主体はお客様となります)

(3) リスクアセスメント

実験を行う上での技術面、運用面でのリスク確認とそれらに対する具体的な対策の立案をご支援します。

(4) 技術支援・運用体制

実験システムの技術サポート体制、およびセーフティドライバーや安全管理を含めてサービス実験の運用体制をご提供します。

運用面においては、ZMPとハーツユナイテッドグループが2015年に合弁で設立した株式会社ZEGが担当し、実験を全面的にご支援いたします。


【価格】
   自動運転を活用したサービス実証実験支援   2,000万円~(税別) ※実験車両の購入費は含みません。
   ※実験の内容やお客様との役割分担によって価格は個別の御見積となります。
    お気軽にご相談ください。

【実証実験の事例】
  シンギュラリティ大学様 ホテル~会場へのタクシー実験(ニュースリリース)
  シンギュラリティ大学のイベントで、自動運転機能を使った送迎者の実験走行を実施
  グランドニッコー東京台場 ~ 日本科学未来館までのおよそ1.5kmをRoboCar MiniVanをベースとした自動運転実験車両で走行し、
  イベントのスピーカーの搭乗の様子を公開いたしました。
2017年9月 米シンギュラリティ大学のイベントで自動運転機能を使った送迎車の実験走行


製品のお問い合せはこちら

RoboCar MiniVan 製品説明メニュー

TOPへ

この内容で送信します。よろしいですか?