製品・サービス Products

自動運転技術開発プラットフォーム車両 RoboCar® HV

RoboCar HV外観 (埼玉工業大学で使用されている車両イメージ)

概要

市販ハイブリッドセダン車両をベースとしたADAS・自動運転の研究開発用車両型実験プラットフォーム(車両本体および開発環境を含むパッケージ)です。
公道で走行可能な自動運転技術開発のプラットフォームとして活用され、企業・大学・研究機関の実証実験・研究開発に活用されております。

車両は、外部装置(付属PCやユーザー専用装置)から車両制御を実行することができるようにZMPの制御装置を車両に組み込み、通信ライブラリを提供し、走る・曲がる・止まるといった車両の動作をZMPの提供するライブラリを使ってプログラム(C、C++)で制御可能です。

車両の制御に当たっては車両を制御するための、CANの通信プロトコルも開示しており、ユーザー独自の装置から車両を制御が行え、自動運転やADAS(先進運転支援システム)の開発などにご活用いただける自動運転技術開発の車両ハードとなっています。

特徴

・CAN情報取得が可能(速度、ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトポジションなど)
・オプションでステレオカメラやレーザレンジセンサ等の外界センサ、大容量バッテリシステム、などを搭載可能
・ステアリング、アクセル、ブレーキを制御可能
・ZMP独自コントローラによりユーザプログラムを実行可能
・自動制御モードとマニュアルモードの切り替え可能

使用用途

・ADAS技術・運転支援技術の研究開発に
・自動運転・自律走行技術の研究開発に
・センサ、カーナビなどの自社デバイス評価に
・車載通信、車車間通信の研究開発に

オプション

RoboCar® HV Autoware パッケージ

RoboCar HV/MiniVan Autowareパッケージは、名古屋大学が中心となり開発された、自動運転システム用オープンソースソフトウェア「Autoware」を搭載したロボットカーとなっております。
Autoware は、名古屋大学を中心に開発され、自動運転の研究開発用途に公開されている、Linux とROS(Robot Operating System)をベースとした自動運転システム用オープンソースソフトウェアです。

ZMPの市販ハイブリッド車ベース自動運転技術開発プラットフォームRoboCar HV/MiniVan に、レーザレーダ、カメラなどの環境センサを搭載、自動運転ソフトウェアとしてAutowareを実装することで、自車位置や周囲物体を認識しながら、ルート生成や保存ルート上を自律走行することが可能となります。

ZMPは、センサの選定および車両へ搭載、Autoware のインストールと設定調整を行い、テストコースでの走行テストを行った上で自動運転システム実験車両として納品を行います。合わせて、技術サポートサービスを提供、お客様のスムーズな自動運転技術の研究開発を支援します。

【Autowareの基本機能】
• 3次元自己位置推定
• 3次元地図生成
• ナビアプリ
• 経路生成
• 経路追従(0~60km/h)
• 交差点右左折/一旦停止
• 自動停止
• 自動駐車
• 車両認識
• 歩行者認識
• レーン認識
• 標識認識
• 路上サイン認識
• 信号認識
• 移動体追跡
• レーンチェンジ

※搭載機器や実験環境によって提供可能な機能に制限がある場合があります。
詳細はお問い合わせ下さい。

価格

RoboCar® HV 1,400万円~(税別)
RoboCar® HV Autoware 基本パッケージ 1980 万円(税別)~

センサの搭載や、ベース車両のご相談など、ご要望に応じてご提案をさせて頂きます。詳しくは、お問い合わせ下さい。

イメージ

製品のお問い合わせ・情報はこちら

TOPへ