製品・サービス Products

自動運転AI開発用ロボットカーRoboCar 1/10X

自動運転開発プラットフォーム RoboCar 1/10X

自動運転・ADAS開発ツールの決定版!
ROS対応したNVIDIA Jetson AGX Xavierを搭載

概要

最新機種となるRoboCar 1/10Xは、GPU搭載のNVIDIA製Jetson AGX Xavierを採用、高度なAIアルゴリズムの実装が可能となりました。
また、ZMPの自動運転プラットフォームIZACを組込みIZACをとして実装しています。

その特徴として

 ・実車の1/10スケールにより室内で実験が可能
 ・NVIDIA製プロセッサにより、画像認識・AI学習を活用した自動運転開発が容易に
 ・ROSをはじめとした開発に必要なライブラリがインストール済みですぐに開発が可能
 ・追加I/Oを活用したセンサーの追加搭載や無線通信を活用した連携機能の開発も

導入したその日から、自動運転の開発と実験を始められる開発プラットフォームです。

自動運転の研究開発でも使用されている、ロボット用オープンソースソフトウェアプラットフォームROS(Robot Operating System)にも対応。世界中で開発された様々なソフトウェアの利用が可能です。

特徴

外界センサとして単眼カメラ、レーザレンジセンサを搭載し、加速度・ジャイロセンサ、エンコーダにより車両の挙動や走行距離の把握が可能です。

また、各種センサ情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリを用意。
これらを用いてお客様が自由にアプリケーションを開発することが可能です。

また、CPU性能が大幅にアップし、画像処理を活用した制御開発やディープラーニングを利用したリアルタイム認識処理などが行えます。
RoboCar 1/10Xと従来RoboCar 1/10の比較について

システム構成

RoboCar 1/10Xをハードウェアプラットフォームとして活用し、標準センサーや追加センサーを搭載した制御開発が行えます。また、通信機能を活用した複数台制御や車両と周辺環境(信号や外部装置等)と連携させる路車間連携システム開発、遠隔監視システムの開発への活用可能です。
RoboCar 1/10Xのシステム構成とユースケース

サンプルアプリケーション例

・ステアリング&駆動用モーター制御
・各種センサ値&カメラ画像取得
・レーザーレンジセンサを用いた障害物回避
・無線Wi-Fiを介したデータ通信
・遠隔操作   etc…

説明動画

製品仕様

※本製品仕様は予告なく変更の場合がございます。

価格

RoboCar 1/10X
  一般 180万円(税別)/アカデミック 144万円(税抜)

製品カタログダウンロード

製品の問い合わせ

下記より、製品購入前の問い合わせ・製品デモ依頼など受け付けております。

関連製品

POWER WHEEL II
POWER WHEEL II
研究開発用移動台車プラットフォーム
RoboCar MV 2
一人乗り電気自動車ベース 自動運転開発プラットフォーム
KheperaIV
カメラ、赤外線センサ、超音波センサなど搭載小型自律移動ロボットKhepera
Kilobot
群制御の理解を促進し、幅広い可能性を実現するための研究プラットフォーム
TOPへ
03-5844-6210