製品・サービス Products

MaaS向けフィールドテストサービス

「MaaS向けフィールドテストサービス」の内容

MaaS向けフィールドテストサービスの概要

昨今、都市部の回遊性向上や、地方部の移動課題への対応として、複数の移動手段をアプリ等でシームレスに利用できるMaaS(Mobility as a Service)の実証実験や事業化に向けた取組みが全国各地で進められています。

MaaSにおいては、鉄道・バス・タクシー・パーソナルモビリティなど複数の移動手段を連携させるため複数のシステム間の連携が必要となることが多く、統合的なシステムテストが必要となります。また利用者が実際に複数の移動手段を用いて移動するサービスであるため、アプリの操作性に加えて、各交通手段へのスムーズな誘導やサポートなど、オペレーションを実際に現地で検証する作業が必要となり、システム開発後のテスト業務に多大な負荷がかかります。

ZMPでは、自動車業界等を対象に、データ収集サービス「RoboTest」を実施、様々な条件での走行テストを実施しています。また、ソフトウェアテスト大手の株式会社デジタルハーツホールディングスとの合弁会社である株式会社ZEGとの協業により、年齢・性別・人数など多様な属性のテスト要員を手配しテスト業務を行っております。2019年には「ロボットテストプロフェッショナル」サービスを開始、テストの対象をロボットにも拡大し、移動ロボット等のテストも実施しております。

本「MaaS向けテストサービス」は、ZMPがこれまで培った知見とノウハウを生かした新たなテストサービスとして、システムに関する単体・結合テストは勿論、実際の現地でのフィールド検証や、実ユーザーの目線に立ったユーザビリティテストを行います。

本サービスを活用いただくことにより、MaaSサービスリリース前の課題等の洗い出しが可能となり、全体のサービス品質の向上が期待できます。

本サービス特徴

  • 全国各地での公道走行を伴うフィールドテストに対応
  • MaaSの実証実験ノウハウを活かし、課題となるポイントを検証項目に反映することが可能
  • MaaSサービスの利用時品質に着目した機能テストの実施と継続的なサービス運用に必要となるテストの自動化にも対応
  • 車載器とスマートフォンなどのデバイスとの相互接続性試験にも柔軟に対応
  • 高齢者に特化したサービスなど、年齢・性別を分布させたユーザビリティ検証が可能
  •  アプリの使い勝手だけでなく、各移動手段の乗り継ぎ時間や誘導のスムーズさ、通信環境(地下・ビル内)といった検証も可能

想定ユーザー

  • MaaS関連のシステムを開発している企業様
  • MasS向けビジネスを検討・展開されている企業様 他

価格

RoboTest MaaS向けフィールドテストサービス
200万円(税別)~

※1~2週間程度の検証を想定。内容により金額は変動する可能性がございます。
お打ち合わせの上、お見積致します。詳しくはお問い合わせください。

製品のお問い合わせ・情報はこちら

関連製品・サービス

空港から丸の内店舗までの
MaaS実証実験 
アプリ1つで、リムジンバス、自動運転タクシー、自動運転モビリティを連結


RoboCarシリーズ
ミニバンやSUV、小型電動バスなどの様々な自動運転車両をラインナップ


RakuRo(ラクロ)
若者から高齢の方まですべての人が便利に移動を楽しめる新しいパーソナルモビリティ


RoboDataLogger
カスタマイズ可能なデータ計測用ロギングコンピューターとセンサーを組みわあせたシステム
TOPへ