製品・サービス Products

ディープラーニング研究開発用 公道走行データセット作成・販売サービス

概要

本サービスでは、走行データ取得ソリューションRoboTestⓇ(ロボテスト)サービスのメニューとして、ディープラーニングの学習用データセットに利用可能な、ラベリングを実施したアノテーションデータの作成及び販売をいたします。
アノテーションデータの例(※左右の元画像は異なります)
左図:物体を矩形で囲んだバウンディングボックス方式、
右図:物体をピクセル単位で塗分けたセマンテックセグメンテーション方式

ADAS 市場の活性化や自動運転技術の開発が進むなか、ディープラーニングを活用して走行可能領域、先行車両、周辺車両、歩行者、信号、標識、白線などの認識精度を上げていく試みが盛んに研究されるようになっております。画像によるディープラーニングにおいては、学習用データとして画像中の物体や道路領域などを正確にラベリングしたデータが必要となります。

販売するアノテーションデータは、当社が公道走行により取得したデータに、学習用データセットとして各種ラベリングを実施しております。

これらのデータを活用することで、お客様はディープラーニング等の研究開発の初期段階でのデータ確認が可能となります。また、お客様独自のアノテーションルール策定に向けたサンプルとしても手軽に入手し、利用することが可能です。

データサービスのご提供により、本来お客様がデータの作成に必要な機材準備、走行によるデータ取得、アノテーション処理などを代行さていただくことで、お客様の研究開発加速のご支援をしてまいります。

データセットサンプルイメージ

販売するデータセットは、都内の様々な経路を走行した画像をラベル付けした走行データとなります。走行シーンは、市街地や高速道路を含み、直進だけでなくレーンチェンジや交差点での走行を行っています。
図 走行シーンにおけるラベル付け後イメージ
ラベルの種類は、走行路面、車、歩行者、自転車、バイク、標識、信号など12種類のラベル付けを行っております。
お客様の要望に応じたアノテーションルールに基づいたデータセット作成サービスも対応可能です。
図 アノテーション済みデータセットイメージ
なお、走行データ取得ソリューションRoboTest®では、お客様オリジナルの走行画像データの取得はもちろんのこと、車両の情報などと併せた走行データ取得、そしてお客様の策定したアノテーションルールに基づいたデータセットの作成サービスもご提供しております。
こちらでは、走行データ取得ソリューションのサービスメニューを紹介しております。
要望に応じてサービスをお選びいただければと思います。

製品のお問い合わせ・カタログダウンロードはこちら

TOPへ
03-5844-6210