製品・サービス Products

バスの公道走行データ取得支援サービス

バスの公道走行データ取得支援サービス 概要・特徴

実車実験走行サービス「RoboTest」の新たなサービスとして大型バスによる公道走行データ取得支援サービスRoboTestのサービスを開始いたしました。本サービスではこれまでの走行データ取得サービスの内容に加え、手配が難しいバスやバス運転手に関するデータ収集や評価を、実際のバスによるデータ収集の実績と乗用車の走行データ取得で培った知見を基に新たなサービスメニューとして受注開始いたします。
ZMPは、自社の自動運転技術開発とテストの経験を活かし、2012年より公道におけるドライバーによる走行時のデータ取得支援サービスを実施しております。走行に必要なドライバー集めや管理を行うだけでなく、走行データ取得に必要なシステム(ロガー)の設計や構築などの上流工程、そして車両の手配と必要な設置・改造、および取得後のデータ処理まで一気通貫実施することで、お客様の手間を大幅に削減できるサービスです。
新たなサービスとして、通常はレンタルなどが困難なバス車両およびドライバーの手配、そして公道やテストコースの手配を行っての走行評価を実施致します。
【バスの走行データ取得サービスメニュー】
バス(小型、中型、大型)の手配
バス運転手の手配
データ取得用コースの設計および手配(公道、テストコース予約等)
ドライバーの生体データの取得(心電計測、脳波計測、視線計測、疲労計測など)
バスの車両情報(バスにより調査が必要)
各種データ取得用のロガー設計、実装
テスト運用マネジメント
取得データの後処理
取得結果のレポーティング
【RoboTest その他メニュー】
ドライバー運転による公道走行データ取得支援サービス「RoboTest」(ロボテスト)
実車とドライブシミュレーターを組み合わせた実験走行サービス
海外での公道走行データ取得支援サービス

バスの公道走行データ取得支援サービス 価格

RoboTest バスによるデータ取得の例
バス×1台、バスドライバー×4名、テスコース2日  600万円~(税別)

製品のお問い合わせ・情報はこちら

TOPへ

この内容で送信します。よろしいですか?