製品・サービス Products

ステレオカメラシステム RoboVision2sの使用用途

ステレオカメラを用いた距離計測や画像認識技術は、さまざまな分野で活用されています。

ADAS(Advanced Driver-Assistance Systems,先進運転支援システム)や自動運転開発(AD開発)などの自動車技術開発の分野では、ステレオカメラを車両に搭載した、前車を検出し自動ブレーキで衝突防止機能開発。
建設業界においては、車両周辺の障害物検出や道路のポットホール検出や亀裂検出など、また、鉄道や電車の分野においては、軌道検出や前方の障害物の検出センサにも活用可能です。
その他にも、画像認識や画像処理の技術開発用の画像データ収集用ツールなどステレオカメラのシステムを目的により様々な利用方法があります。

ステレオカメラの使用用途

自動車先進運転支援システム(ADAS)

ステレオカメラはアイサイトなどに代表されるような、カメラで前方の障害物を検出・位置予測し、衝突を防止(回避)する自動ブレーキサポートなど、自動車先進運転システム(ADAS)に応用されており、安全で快適な運転の実現に向け、大きく貢献しています。
図 物体検出イメージ

自動運転開発

ZMPでも取り組んでいる自動運転開発にも、ステレオカメラは周辺の障害物の検出や白線検出・信号検出などの画像認識、またポイントクラウドマップ(点群情報)を活用した自己位置推定などに活用されています。
図 車両の画像認識イメージ

画像処理技術開発

ステレオカメラを使うことで、画像を距離の情報を活用し、路面状態検出など画像処理アルゴリズムの開発に活用。雨や雪、夜間における距離計測アルゴリズム、GPSと物体検出結果を応用した物体の地図マッピングなどに適用されております。
図 夜間における距離計測結果

セキュリティ対策

2つのカメラの画像を活用することで人を立体的に捉え、人数や人の動きなどを検出し、セキュリティや予防安全対策や混雑状況のモニタリング。また、検出するエリアを設定し、にステレオカメラを設置し、人が見えない所をカバーし、物体検出機能や画像認識技術を使った人の検出などに活用されています。
図 セキュリティー関連 イメージ
また、その他にも

 ・自律移動ロボットや工場内の物品を輸送するAGV(産業用無人搬送台車)の走行支援
 ・建築・土木現場で建設機械のセンシングツールに
 ・駐車場の空き場所検出や、エレベーター乗車時のドアミラーのはみ出し検知
 ・人流計測による動線分析とマーケティングへの利用


など、様々な用途に活用いただける可能性を持つ製品となっております。

RoboVision2の使用事例については下記もご参照いただければと思います。

RoboVision2導入事例

RoboVision2s 製品説明メニュー 

TOPへ

製品のお問い合わせ・カタログダウンロードはこちら