製品・サービス Products

超高感度ステレオカメラシステム RoboVision2s

RoboVision2s外観
車載イメージ

概要・特徴

「RoboVision®2s」は、ソニー製 超高感度CMOSイメージセンサ IMX224を2個搭載し、USB3.0でPCへの取り込みが可能なステレオカメラシステムです。
 ・暗闇に相当する低照度0.005ルクスでも高画質なカラー映像が取得できるイメージセンサを搭載。
  最大1280×960ピクセルで30fpsのカラー映像の取得が可能です。
 ・ソフトウェア開発環境(SDK)として、カメラのキャリブレーション等の設定や視差画像を出力するためのライブラリおよび、
  すぐに画像を確認できるアプリケーションが付属しています。

従来製品のステレオカメラシステム「RoboVision2」に対し、レンズの性能が向上、光学ローパスフィルターを追加しております。
レンズの改良によって周辺の解像度アップが実現し、光学ローパスフィルター追加によりモアレや偽色の影響を低減しております。
本製品を用いることで、距離計測をした際の計測距離の値の変化のばらつきを低減し、スムーズな測距結果が取得可能です。

また、新しい機能としてLinuxソフトウェアにて画像計測の機能を追加し、フレームレートやHDRなどの画像パラメータを設定し、SSDへ最大30fps(1280×960サイズ)で約4時間の画像を連続計測可能となっております。

説明動画

仕様

カメラモジュール
イメージセンサ ソニー製1/3型有効127万画素
CMOSイメージセンサ IMX224×2
解像度

1280×960ピクセル(30fps)、640×480ピクセル(120fps)

水平画角 45°
インタフェース USB3.0
基線長 210mm
機能 同期、ひずみ補正、ステレオ平行化、ワイドダイナミックレンジ、など
ソフトウェア開発環境(SDK)
ライブラリ カメラI/F、視差画像生成
アプリケーション RAW出力、ひずみ補正結果出力、視差画像出力*
動作環境 Linux/Windows8.1
※製品イメージ、仕様は開発中のものであり、予告なく変更される場合があります。
*解像度・フレームレートはPCのスペックに依存します。

価格

RoboVision2s 90万円(税別)
(RoboVision2s本体、車載用マウント、USBケーブル、CD-ROM(マニュアル,SDK))

RoboVision2s PCセットパッケージ 130万円(税別)
(上記RoboVision2s本体一式および処理用PCのセット)

RoboVision2s SSDパッケージ 140万円(税別)
(上記RoboVision2s本体一式および処理用PC、画像記録用SSD(2TB)のセット)

RoboVisionシリーズ オプション製品

RoboVision2s
物体検出ライブラリ
ポイントクラウドデータを用いた物体検出機能を搭載したライブラリ
RoboVision2s
CarTrackパッケージ
追跡機能を搭載し、前走車の車間距離計測やACC制御に活用可能
最新ステレオカメラシステム
RoboVision3
最大150m、水平100°の距離と視野のセンシング可能なステレオカメラ
TOPへ

製品のお問い合わせ・カタログダウンロードはこちら

この内容で送信します。よろしいですか?