採用情報 Careers

ZMPの入社前のあなたのストーリーを教えてください

中学生の頃から、科学と数学が好きでした。ソフトウェア開発だけでなく、製品開発やテクノロジーといった開発のアイデアが好きで、複雑な問題を解決するのが面白くて楽しくて仕方がないといつも感じていました。
ZMPで働く前は、スイスで勉強しました。機械工学を勉強しましたが、ソフトウェア開発がメインではありませんでした。徐々に制御システムに興味を持ち、メカトロニクスに特化していきました。
私は、自律移動の高度な経路最適化に関する論文を書くことを選択しました。これにより、現在の研究・開発分野及びZMPへつながりました。
同じ研究室に、建設機械のコマツさんからの臨時研究員がいて、日本にあるクールな会社について聞いてみたところ、ZMPについて話してくれました。 それから私もZMPを調べ、ここに着きました。 今考えても、とても運命的な出会いでした。

現在のお仕事は何ですか?

私はモーションプランニングとコントロール機能に取り組んでいます。多くの異なるプロジェクトがあるので、私たちは少人数の起動的なチームで働いています。そのため、進捗が速く、開発中に迅速な決定と反復を行うことができます。
ZMPの同僚の多くがコンピューターサイエンスを研究していたため、ソフトウェア開発の訓練をほとんど受けていましたが、私は仕事をしながらでそれを学ぶ必要がありました。 一方で、私が学生時代に取り組んできた、機械的な知識がいかに重要かを日々感じています。業務のあらゆる面で、私が取り組んでいる問題を理解して解決するのにも役立っています。ZMPは私に様々な技術を学ぶ機会を与えてくれています。

なぜZMPなのでしょうか?そして、なぜ日本で働くのでしょうか?

父の仕事のおかげで、私は子供の頃に多くの国々に住む機会に恵まれました。私は小さい頃、日本に5年間住んでいました。 それ以来、私は日本とのつながりがあり、いつかここに戻ってきたいと常に思っていました。 こういった理由もあり、東京での最初の仕事を探すようになりました。
日本の文化はヨーロッパの文化とはとても違います。たとえ今日の技術革新のおかげで、ヨーロッパの家族や友人と簡単につながれたとしても、慣れ親しんだ人達や環境から遠く離れて暮らすのはちょっとした冒険です。
東京の3500万人の人々の間に住むのは良い意味でとてもクレイジーな経験です。
文化、イベント、新しい場所等、様々な出会いがあります。 もちろん、食べ物も素晴らしいです。
東京の3500万人の人々の間に住むのは良い意味でとてもクレイジーな経験です。 文化、イベント、新しい場所等、様々な出会いがあります。 もちろん、食べ物も素晴らしいです。
日本のロボットティクスと自動運転技術は非常に成熟しているとよく知られているので、私のキャリアにとって素晴らしいスタートになると思いました。

どのようなキャリアを歩みたいですか?

私は現時点で、自分の将来をあれやこれやとそんな細かく計画していません。まず、現在に集中し、楽しみ、その延長線上に未来があります。製品を開発し、最先端のテクノロジーについて学び、将来的には、おそらくチームリーダーとしても、そのような自然の流れで進化していけるのだと思います。

現在の状況に対する満足度を教えてください

まず、素敵で面白い人たちと一緒に仕事ができて幸せです。また、私たちには自分のアイデアを探求する自由があり、興味深いプロジェクトをいくつか試すことができます。挑戦的ですが、私にとって非常に良い環境と言えます。何より、世界中から集まる人々がいて、異なる文化や言語を持っているのは素晴らしいことです。 私は幸運なことにいくつかの言語を話せるので、自分が使えるほとんどの言語をここで使用できることを嬉しく思います。

毎日のスケジュールを教えてください

詳細な「スケジュール」はありません。
ただ、私の1日は1杯のコーヒーから始まります。スクラムボードでメールとタスクを確認します。 私たちは少人数の起動的なチームとして働いているので、頻繁にクイックに情報共有やミーティングを行うことができます。

個人的には、仕事とプライベートのバランスの取れた生活が好きなので、残業はしません。 私はたいてい早朝に仕事を始めるので、仕事の後も友達と一緒に過ごしたり、東京のいくつかの新しい場所を訪れたりしますが、ほとんどは同僚とボルダリングをしています。

新卒へのメッセージをお願いします!

たくさんのプロジェクトがあるので、ぜひZMPに応募してください!lol

新卒を募集している職種について