採用情報 Careers

ZMPの入社前のあなたのストーリーを教えてください

そのようにして、私は1994年にフランスで生まれました...(笑)、
ではなくて、私はベルギーのゲント大学を4年前に卒業しました。
それから私は最初にベルギーのコンサルティング会社で働き始め、そこでデュアルクラッチトランスミッションを製造しているクライアント先で働くことになり、そこでは、フェラーリやマクラーレンなどのスーパーカーで使用されるトランスミッションのテストを担当しました。
しかし、それ以前に、大学の間、日本に来る機会がありました。
大学には、元々留学プログラムがあり、私は何か違うことをしたい、とても遠くまで行きたいと思いました。当時、日本のマンガやアニメが好きだったので、日本に行くのが一番だと思いました。そして、幸運にもテストに合格することができ、東京工業大学に留学生として入学する道が開かれたのです。
留学中、私は日本がさらに好きになり、もう少しここに滞在できないかと、キャリアの機会を探し始めました。しかし、当時は、私が仕事探しを始めるのが遅すぎたため、就職先を見つけることができませんでした。なので、私はベルギーに戻り、就職し、そこで働き始めました。
しかし、私はあきらめず、何とかして日本に帰ろうとしていました。インターネットでZMPを見つけ、ZMPは自動運転に挑戦していることを知り、非常に刺激的でやりがいがあると感じました。私は何としてもこの挑戦の一部になりたかったのです!

エンジニアリングに興味をもったきっかけは?

子供の頃から、レゴやK’Nexが好きで、身の回りのことにとても興味を持っていました。
周囲のさまざまな電子機器や機械機器を取り外して、それらの内部を確認し、また組み立てて、とその仕組みやどのように機能しているかを理解したかったのです。残念ながら、時にはあまり理解できませんでしたが・・・
そんな子ども時代でしたので、様々なデバイスに興味をもち、それらがどのように機能しているかより詳しく研究したいと思いましたので、工学研究を志したのは、自然な選択でした。

現在のお仕事は何ですか?

私は組み込みチームのメンバーであり、主に自動運転に関連するデバイスに取り組んでいます。私が現在取り組んでいる主な製品は、ADC(自動運転コントローラー)です。
組み込みソフトウェアエンジニアとして、自動運転技術を実現する基盤づくりをしていると考えています。シンプルに言えば、私たちの仕事や基盤がなければ、自動運転は車両と通信することができなくなるため、実現が困難になるようなイメージです。もちろん、現実ははるかに複雑で、どのチームもメンバーも完全無人の自動運転実現に向け、協力し、責任をもって開発しています。
私の仕事の良い点は、担当しているのが、自動運転技術の重要な技術の根底部分なので、多くのプロジェクトに関りますので、他のチームが何に取り組んでいるのかを知ることができる点です。

なぜ日本で働くのでしょうか?

以前は日本のポップカルチャーが好きでしたが、主に英語やフランス語でマンガを見つけるのが難しいという理由で、ここに来てからアニメやマンガに時間を使うことは少なくなっています。今、私はここで自分の時間を楽しんでいます。東京は驚きに満ちた大都市です。 また、母国に比べると、移動や友達との出会いがとても簡単です。

なぜZMPなのでしょうか?

当時、私は自動運転にとても興味があり、それを実現するための技術についてもっと学びたいと思っていました。 ZMPの挑戦の一翼を担いたいと思い、ZMPに決めました。

どのようなキャリアを歩みたいですか?

私は好奇心旺盛なので、日々新しい発見があるこの仕事を続けたいと思っています。また、自分の専攻である電気通信ともっと密接に関連する技術に取り組んでいきたいと思います。
また、リーダーにも興味がありますが、手を動かす技術面での仕事を続けていきたいです。

毎日のスケジュールを教えてください

私たちのチームは毎日の細かいスケジュールで動いているわけではありません。
実際には、時期によって異なります。 いくつかのプロジェクトのスケジュールや期限応じて、非常に忙しい場合もあれば、より少ない作業もあります。
通常、月曜日に、チームで今後2週間以内に達成したいことについて話し合います。
また、定期的に、過去数週間または数か月にすべてのタスクを確認と見直しをし、現在のスケジュールを立てます。
基本的に、月曜日に予定されている目標を達成しようとします。タスクと目標を達成するのが非常に難しいと思われる場合は、それらを小さなタスクに分割するか、ワークロードをチームメンバー間で分割します。
私たちのチームは少人数なので、定期的な会議はそれほど必要ありません。
また、私は同僚とうまくやっているので、助けを求めたり、混乱が生じたときに話し合ったりするのは簡単です。

新卒へのメッセージをお願いします!

リラックス!

新卒を募集している職種について