採用情報 Careers

これまでの自身のキャリアパスを簡単に教えてください。

学生時代は総合政策部という理文系が混ざった学部でプログラミングなどいろいろなことを学びました。ゼミで”マイクロファイナンスを通した途上国開発の在り方”を研究対象にしたことで、個人の向上心や自立意思の大切さを学べたように思います。

就活では営業職を希望し、総合電機メーカーのIT部門へ配属になりました。IT機器プラットフォーム(ハードウェアとソフトウェアと機器の組み合わせ)やアプリケーション等をお客様の要望に合わせて提案する仕事で、大手からベンチャーまで多様なお客様を担当していまし
た。”新しいもの”を提案していくことが多く、お客様やプロジェクトメンバーと創り上げていく、その過程を共に楽しんでいました。
仕事では一貫して、「コミュニケーション力」が非常に重要な要素です。このコミュニケーション能力は、学生時代に培われたものだと思います。ニューヨークに留学して多様な文化に触れたり、塾講師のアルバイトで生徒の特長に合わせた指導方法を考える、そういった経験が基になっていったのだと思います。また、今社会人での経験でさらに磨くことができていると思います。(まだ発展途上ですが)

ご自身について教えてください

発想がユニークと言われることが多いです。子供の時から頭の中で連想ゲームを好きでした。一つの出来事やアイディアがあると、頭の中でいろいろなことを考えて、その最初と最後をぱっと発言するので、何を考えているのかわからない、宇宙人みたい、と言われることが多々ありました。ただ、この連想ゲーム思考は今の仕事にもとても活きていて、今までに対峙したことがない壁にぶちあたっても、柔軟に対応できていることが多いと感じています。

現在担当している仕事内容は?

ロボリューション事業部の部長としてチームを率い、お客様とのコラボレーションをしながら様々な自動運転の開発プロジェクトを進めています。アイディアを基にディスカッションをしながら新しい「価値」が生みだしていく、まさに連想ゲームの延長で、本当に面白いですよ。

ZMPとの出会いについて教えてください

当時ZMPのメンバーの方から「面白い会社だよ、遊びにきたら?」と言われたのがきっかけです。わたしは転職を繰り返してステップアップ型ではなく、一つの会社のしっかり根付いて働きたいと思っているので、すぐに転職という気持ちではなかったものの、ちょうどZMPの展示会がビッグサイトで開催していたので、遊びに行きました。そこで、ブースにすぐ行くのではなく、しばらく遠目から、お客様対応やZMPメンバー同士の様子など観察したところ、このメンバーと一緒に働いてみたいな、と自然に思えました。論理ではなく、直感とフィーリングでしたね。

実際に入られてからいかがですか?

どんな仕事に対しても、まず「Yes」から入り、リスクがあっても、ポジティブにアクティブにお客様と歩みを進める、そのZMPismと言いますか、前向きな姿勢が自分に合っていると感じています。課題に対して、色々なソリューションの中から皆でディスカッションしながら決断をしていく、という一連の流れは、時に難しくもありますが、とてもやりがいがあります。ZMPでは、自ら動き、考え、前に進める「個」の力が重要である一方、周囲も常にフォローする「チームワーク」を大切にする雰囲気もあり、「個」と「チーム」の良い融合があります。

仕事に対する満足度とプライベートについて

今、丸紅株式会社との合弁会社であるAiRO株式会社の取締役として、空港プロジェクトを鋭意進めています。AiROは空港制限区域内での自動走行を事業化する会社ですが、直近知名度が始め、国交省や航空会社等関係者の方々の厚い信頼とご協力があり、着実に成果を挙げられています。
ロボリューション事業部は、多様なプロジェクトと製品を擁する部です。毎朝チームメンバーとタスクやを共有しながら、忙しくも楽しい日々を過ごしています。プライベートでは、夜にアコースティックギターを弾くのが一番の楽しみでリラックスタイムです。

今後の目標について

まず、空港プロジェクトはこれからさらに認知度を上げていきたいと思います。
また、ロボリューション事業部は、お客様とエンジニアのコミュニケーションの橋渡しの役割も果たしますので、お客様のニーズを汲み取って社内エンジニアに伝え、エンジニアの言葉を咀嚼しながらお客様にわかりやすくお伝えする、ということを丁寧に重ねて行きたいと思います。お客様とプロジェクトを着実に実用化していくと共に、クラウド上でのサービスなど、新しいビジネスにも力を入れていきたいと思います。

新卒の皆さんへメッセージをお願いします!

それぞれのバックグラウンド生かして、新しい価値をお客様と一緒に築いていくと共に、ロボリューションを共に進化させていきましょう!

新卒を募集している職種について