製品・サービス Products

自動タクシー®

ZMPは、2020年の無人の自動走行タクシー「自動タクシー」の実現を目指し、技術開発と実証実験を進めています。

自動タクシーは、市販ハイブリッドミニバンをベースとした自動運転車両RoboCar MiniVanに、カメラ、レーザーなどのセンサと、自動運転用コンピュータIZAC(アイザック)を搭載、周囲の他の車や歩行者などの状況を常に把握し、公道の複雑な環境でも安全かつスムーズに走行することができます。

弊社は2014 年に愛知県の公道でドライバーが乗車した状態での自動運転の実証実験を開始、その後、当社オフィスのある東京都文京区、そして現在は2020年に向けて、交通量が非常に多いお台場や六本木、大手町等の交通環境においてレーンチェンジや交差点右左折などの機能を開発、検証を行っています。

様々な実証実験や技術開発を通じ、大きな交差点での右左折走行、レーンチェンジ、信号検出、タクシープールへの停車などの走行制御、またタクシー・配車サービスに必要な予約システムや走行車両管理システムなどの技術を向上しています。

実証実験動画

Autonomous Driving demonstration experiment in Aug 2018
Location:Public roads from Roppongin to Otemachi,Tokyo
Copyright control by ZMP Inc.
2018年8月にタクシー事業者である日の丸交通と、自動運転技術のZMPが共同で、東京都心部で世界初の自動運転タクシーを用いた公道サービス実証を行いました。

サービスでは、ユーザーご自身のスマートフォンを用いて自動運転タクシーの予約、乗車、決済といった一連の体験を提供し、近い将来の自動運転タクシーの商用サービスの現実的な利用イメージをユーザーの方々に広く持って頂くことを目的としています。

コンセプトムービー

ZMPでは将来の自動運転が実用化された社会を描きながら、技術開発と実証実験を進めています。
下記は私たちが描く自動運転が実現した社会のコンセプトムービーです。

ZMPでは実証実験だけでなく、自動運転技術を活用したサービスを提供。

ZMPでは、自動タクシー実現化にむけて、これまで開発してきた自動運転にかかるシステムを、
全国のタクシー事業者様などMaaSの商業化を目指す事業者へ「自動運転プラットフォーム」としてご提供しております。

サービス提供する項目としては、
 サービス① 自動運転車両RoboCar® シリーズ
 サービス② 自動運転コンピューターIZAC®
 サービス③ 自動運転車両管理システム(FMS)
がございます。

また、サービス事業者がこれを活用した開発・検証をスムーズに行っていけるよう、自動運転プラットフォームの操作や監視などのオペレーションもあわせて対応します。

MaaS開発・検証用自動運転プラットフォームの詳細につきましては、サービス紹介ページをご覧ください。
MaaS(Mobility as a Service)
向け自動運転活用サービス
自動運転を活用したモビリティーシステム提供支援

自動運転を支えるソフトウェア

自動運転制御ソフトウェア IZAC(アイザック)

IZAC(アイザック)とは、自動運転用のソフトウェアプラットフォームです。ZMPの自動運転開発はこのIZACを活用して行っており、IZACを搭載したコンピューター(PC)へセンサーを接続し、認識させることで、IZACの制御コンポーネントを通じて判断を行い、制御することであらゆる機械をコントロールすることが可能になります。

IZACを通じて、機械を動かすために必要な、認知・判断・操作のすべてを行えます。
自動車以外の乗り物・機械にも自動運転を適用することが可能なキーコンポーネントとなっております。
IZAC
自動運転・ADAS開発プラットフォーム用コンピューターIZAC

サービス・製品のお問い合わせ・見積もり依頼は下記よりご連絡お願いいたします。

電話でのお問い合わせ
電話でのお問い合わせの場合は、03-5844-6210(プラットフォーム事業部直通)までご連絡いただきますようお願いいたします。
(受付時間 月~金 9:00~18:00)
TOPへ
03-5844-6210