ZMP製品情報 > 第2回「実践! ロボット教育・研究フォーラム」

Products

 

第2回「実践! ロボット教育・研究フォーラム」

第2回「実践! ロボット教育・研究フォーラム」(主催:株式会社ゼットエムピー)
本フォーラムは、e-nuvo教材をご活用いただいている方々にご登壇いただき、研究内容や、ロボットを用いた教育・研究とは、等について発表いただき、聴講される先生方、企業担当者、メディアの皆様とのディスカッションや交流の場をご提供することで、ロボットを活用した教育・研究の更なる展開の可能性を創造することを目的と致します。 日時、場所 ※終了しました

参加お申込み

お名前、ご所属、お電話番号、メールアドレス、懇親会の参加/不参加を明記して e-nuvo@zmp.co.jp まで送信ください。
※複数名でご参加される場合は、皆様の情報をお書きください。
※なお、競合製品をお取り扱いされている場合など、お断りさせて頂く場合があります。予めご了承ください。

開催のご報告(2010年8月4日)
8月3日、「自動車安全技術・環境技術・ITSへのロボット技術の適用」「ロボットを用いた教育・研究・人材育成を実践されている先生方や企業の事例発表」をテーマに、約60名の参加者のもと盛大のうちに開催させていただきました。ありがとうございました。プログラム紹介欄に当日の発表資料、配布資料を掲載いたしました。ぜひご参照ください。フォーラムや出展情報、新製品情報、活用事例などを随時メールでご案内しております。メール配信をご希望の方は、info@zmp.co.jpまでメールをお送りください。

 

プログラム紹介
ご挨拶/RoboCar®新展開-ITSソリューションの発表
株式会社ゼットエムピー 代表取締役社長 谷口 恒
基調講演】自律走行・隊列走行の研究課題とその取り組み ~RoboCarによる隊列走行~
早稲田大学 大学院 情報生産システム研究科 教授 大貝 晴俊

北九州学術研究都市における自動車の自動運転・隊列走行研究会の発足とその研究について目標と研究課題につい て説明する。また、自動車の自動走行・隊列走行に向けた研究について小規模区域の自動走行シミュレーション、 RoboCarによる自動走行・隊列走行の実験について紹介する。

発表資料

発表資料内の動画
シーン1:単独走行 シーン2:隊列走行(障害物なし) シーン3:隊列走行(障害物あり)
新エネルギーと成長戦略 ~電気自動車からスマートグリッドまで
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 科学システム事業部 新エネルギー・インフラ事業推進部 担当部長 菊池 聡

機械工学科大学1年生を対象に、100人規模の大人数教育の条件下で、2足歩行ロボットe-nuvo WALK ver.3 を用いた創成教育プログラムを構築した。課題形成、解決、発表などの教育の具体的実施内容を紹介する。

RoboCar を用いた大学院モジュール統合科目教育
金沢工業大学 工学部 ロボティクス学科 准教授 河合 宏之(登壇)、准教授 藤木 信彰、教授 南戸 秀仁、 教授 佐藤 隆一

本学では大学院 1 年生を対象とした講義・演習・実験・発表を含むモジュール統合科目を開講している。本講演では、 RoboCar を用いたモジュール統合科目の実施内容について紹介する。

発表資料 | 配布資料

発表資料内の動画
マイコンカーのライントレース デモンストレーション
(障害物回避実験)
本走コースの走行(x8)
異なるコースの走行(x8) デモンストレーション
e-nuvo WHEELを活用した若手エンジニア育成
日産自動車株式会社 人事部 日産ラーニングセンター エンジニアリングスクール 主査 小澤 一義

自動車の制御に関わる若手エンジニアに対して、基本的な制御理論をシミュレーションと実機実験を通して、体験的に 解り易く理解させる教育プログラムを紹介する。

発表資料 | 配布資料

LabVIEW×RoboCar ~自動車製造メーカにおける次世代モビリティの設計・開発の加速化へ向けて
日本ナショナルインスツルメンツ株式会社 事業開発部・ビジネスデベロップメントマネージャ ダシルバ アレックス

ITSなどの分野において、時間を費やすべきは、組み込み言語などのプログラミ ングの習得ではなく、システム自体やア ルゴリズムの開発です。NI製LabVIEWと 組み込みボードを使用することで、プログラミングにかかる時間を短縮でき、本 来の開発に時間を割くことが可能になります。本講演では、次世代モビリティの 開発を加速させるためのツールを紹介 する。

発表資料

次世代モビリティ・電気自動車に求められる研究開発プラットフォーム・人材育成教材
株式会社ゼットエムピー 営業部 部長 西村 明浩

次世代モビリティの実証実験等に活用できる1/10スケールロボットカーや実使用サイズの超小型電気自動車、また、そ のベースとなるセンサ、モータ制御、組込みプログラミングなどの人材育成教材を紹介する。

発表資料

懇親会