ZMP製品情報 > 実車1/10スケールロボットカー RoboCar 1/10 2016

Products

 

実車1/10スケールロボットカー RoboCar 1/10 2016

2009年の発売以来自動車/部品メーカ、大学等研究教育機関でご好評を頂いているRoboCar(R) 1/10シリーズの最新モデルです。オンボード開発対応、ディスク容量の増強、最新WiFi対応などにより、従来製品に比べ開発環境が充実、よりスムーズな研究開発・実験が可能となりました。

RoboCar110_2016

RoboCar 1/10 2016

外界センサとして、単眼カメラ(×1)、赤外線センサ(×8)、レーザレンジセンサ(最大×2、オプション)を搭載、車両周囲のセンシングに利用可能です。また、加速度・ジャイロセンサ、エンコーダ(車輪×4、モータ×1、ステアリング×1)を搭載、車両の挙動や走行距離の把握が可能です。
開発環境として各種センサ情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリを用意、これらのライブラリを用いてお客様が自由にアプリケーションを開発することが可能です。自動運転や遠隔操縦、センシングなどの研究開発においてご活用頂けます。

特徴仕様価格活用事例1活用事例2最新情報

特徴

  • 実車の1/10スケールにより室内で実験が可能
  • カメラ、赤外線センサ、レーザレンジセンサ(オプション)を搭載
  • 開発環境を用いてお客様が独自にアプリを開発することが可能
  • 障害物回避などのサンプルプログラムを提供
  • 従来製品と比べ開発環境が充実(下記)し、より効率的・スムーズな開発が可能に
    • コンソール、マウス・キーボードを車両本体に直接接続し、GUIでのオンボード開発が可能
    • ディスク容量をSSD 64GBに増強。実験時の画像データ等の蓄積が容易に
    • 汎用的な開発環境(Linux(Ubuntu)、C++、OpenCV)に対応し開発効率の向上をサポート
    • 開発時はAC電源、走行時はバッテリ利用、とシステムを起動したまま電源を切替可能
    • 最新WiFi(802.11ac)に対応。実験時の通信環境の制約を低減

110_DevEnv

開発・実験イメージ

110_Sensors

搭載センサ(オプションを含む)

仕様

110_Spec

 

価格

RoboCar 1/10 2016
 一般 80万円(税別)/アカデミック 68万円(税別)
RoboCar 1/10 2016前後レーザレンジセンサセット
 一般 104万円(税別)/アカデミック 92万円(税別)

RoboCar 1/10 2016 活用事例1


本システムを用いることで、工場内のAGVなどの搬送機のシステムの自動化やその他の移動体の自律運転化を進めることが可能と考えております。

RoboCar 1/10 2016 活用事例2


自動車のADAS機器の分野でグローバル展開され、さらに昨今では自動運転の分野でも世界を牽引するコンチネンタル・オートモーティブ様ではシステム開発エンジニアを社内で育成する新卒教育プログラムの素材としてZMPのRoboCar1/10を採用されました。
RoboCar1/10を社内で活用されている事例を、実際の活用風景の動画をご紹介いたします。

RoboCar 1/10 R-Carパッケージ(仮称)

現在開発中のRoboCar 1/10 R-Carパッケージは、RoboCar 1/10に、R-Carを搭載した評価ボード「ADASスタータキット」を搭載します。

ルネサスのR-CarをRoboCar 1/10に搭載することにより、新たに複数のカメラから周囲の物体を検出するアプリケーションが開発可能になります。これに走行を行うアプリケーションをRoboCar 1/10上で開発することで、障害物を回避しながら走行するといったアプリケーションを省スペースで実験することが可能となります。自動運転や運転支援技術の研究開発における実車を用いる前段階において、また、建機・農機・移動ロボットにおける自律移動や遠隔操作のための要素技術の研究開発において、手軽に実験が可能な研究開発ツールとしてご活用頂けます。

製品説明動画

価格

RoboCar 1/10 2016
 一般 80万円(税別)/アカデミック 68万円(税別)
RoboCar 1/10 2016前後レーザレンジセンサセット
 一般 104万円(税別)/アカデミック 92万円(税別)

製品のお問い合わせ・情報はこちら

お問い合わせ カタログダウンロード 見積り依頼
お問い合わせ カタログダウンロード お見積もりの依頼

RoboCar 1/10 2016 遠隔操作パッケージ

自動車1/10スケールの実験車両RoboCar 1/10に無線通信環境下でのコントローラを用いた遠隔操作可能な「RoboCar 1/10 2016 遠隔操作パッケージ」の販売を開始いたしました。

本製品は、自動車の1/10スケールのロボットカー「RoboCar 1/10 2016」をベースに、専用PC、Wi-Fiルーター、ステアリングコントローラーをセットにし、完全無人(レベル4)で必要機能とされる遠隔操作技術を備え、購入後に無線環境下ですぐに研究開発が行える製品です。

上記の「RoboCar 1/10 2016」は自動車の1/10スケールの車両に、外界センサとして単眼カメラ、赤外線センサ、レーザレンジセンサを搭載し、加速度・ジャイロセンサ、エンコーダにより車両の挙動や走行距離の把握が可能です。また、自動運転開発のための各種センサ情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリを用意。これらのライブラリを用いてお客様が自由にアプリケーションを開発することも可能となっております。

DSCF4367 カメラ画像5
パッケージ内容物イメージ サンプルアプリイメージ

【価格】

RoboCar 1/10 2016 遠隔操作パッケージ
 一般 133万円(税別)/アカデミック 121万円(税別)

製品のお問い合わせ・情報はこちら

お問い合わせ カタログダウンロード 見積り依頼
お問い合わせ カタログダウンロード お見積もりの依頼

RoboCar 1/10 MATLAB コネクション2017

本オプションで、RoboCar 1/10をMATLAB/Simulinkプログラムにより現在位置から任意の位置と向きまでの経路を設計することができます。例えば自動駐車や車線変更、障害物回避などの自動走行の研究開発の場合、目標の位置と向きに従って最適(ハンドル操作がスムーズかつ横Gの少ない)な経路を算出し、車両二輪モデルを用いてMATLAB/Simulinkにより操舵角の推定を行います。この操舵角に基づきMATLAB/Simulink上でのシミュレーションを行うことができ、計画した経路とシミュレーション結果との比較や、その差異に基づく経路制御が可能となります。同じMATLAB/SimulinkプログラムによりRoboCar 1/10の実機の動作が可能なため、シミュレーションおよび実環境でのセンサデータを用いた実験を効率的に行うことが可能となります。

※MATLABコネクションオプションはRealTime Workshopに対応しておりません。

RoboCar 1/10 2016 MATLABコネクションの詳細はこちらにてご確認ください。