記者発表
ZMP World 2019の各日の午前中はZMPの新たな取り組みや新製品を発表する記者発表を行います。
(※記者・メディアの方以外もご参加いただけます。予約申し込みの上ご参加ください。)

下記に記者発表の概要を紹介いたします。
7月23日(火)10:15~12:30
【記者発表】10:15~
人の移動を変革する RoboCar®シリーズ新モデル、移動のパートナー『RoboCar® Walk』の新製品発表
株式会社ZMP 代表取締役社長 谷口 恒
人の移動を変革するRoboCarシリーズに新たなモデルが誕生します。「移動のパートナー」となる新しい概念の自動運転モビリティ『RoboCar® Walk』の新製品発表を行います!
【記者発表】11:15~
2020年自動運転タクシーサービス実現に向けた取り組みの発表
日の丸交通株式会社 代表取締役社長 富田 和孝
株式会社ZMP 代表取締役社長 谷口 恒
空港リムジンバスと自動運転タクシーをつなぐ、都心部でのMaaSの取り組みについて発表を行います。
【記者発表】12:00~
中国車両メーカーとの戦略的提携の発表
ANHUI ANKAI AUTOMOBILE CO., LTD. Director of Ankai R&D Center. CHEN SHUNDONG
株式会社ZMP 取締役事業統括 市橋 徹

バスの自動運転の実用化に向けて戦略提携を行った中国車両メーカーANKAI社と共同発表を行います。ANKAI社のバスを活用した自動運転は、今年3月に中部国際空港制限区域内において実証実験を行っています。今後も実証実験を重ねて行き、空港での実用化を実現していきます。ZMP Worldでは、ANKAI社からDirector of Ankai R&D CenterのMr. CHEN SHUNDONG氏をお迎えし、共同発表を行います。
7月24日(水)10:00~12:30
【記者発表】10:00~
可搬重量2倍!新モデルCarriRo® AD+製品発表
株式会社ZMP 代表取締役社長 谷口 恒
もっと重いものが運びたい、パレットを自動で運びたい、という声にお応えし、CarriRo AD+は、最大積載200kgかつ牽引600kgを実現し、最大可搬重量は800kgとこれまでの2倍以上の可搬重量を実現しました。フォークリフト及びオペレーターの削減に有効な新タイプ、パレット積載タイプのデモンストレーションも行います。
【記者発表】11:00~
導入効果の可視化、同時複数台制御を可能にする、CarriRo®の新クラウドサービス、ROBO-HI®連携と、ネットワーク環境提供における協業の発表
株式会社ZMP 取締役ロボハイ事業部長 西村 明浩
東日本電信電話株式会社 ビジネス開発本部 第四部門 業務支援担当 担当部長 菊地 心平
自動運転や宅配ロボットで実績のあるROBO-HIのシステムをCarriRo向けに応用し、倉庫・工場内物流向けに展開します。導入後の運用効果の可視化、そして複数台を同時制御する機能を有し、更なる用途の多様化、生産性の向上に貢献します。また本サービスの開始に伴い、CarriRoのネットワーク環境の提供においてNTT東日本との協業内容を発表します。
【記者発表】12:00~
空港内自動化に向けた新たな取り組み
AIRO株式会社 代表取締役 兼 丸紅株式会社 航空・船舶本部 副本部長 岡﨑 徹
AIRO株式会社 取締役 兼 株式会社ZMP 取締役事業統括 市橋 徹
インバウンド増によるグランドハンドリングの人員不足を解決すべく、 空港制限区域内での自動運転サービスの事業化を目的に昨年12月に丸紅とZMPの合弁会社AIROを設立しました。本発表では、AIROの今後の事業計画として空港における実証実験や実用化に向けた取り組みを詳しくご紹介します。
7月25日(木)10:00~11:10
【記者発表】10:00~
ZMPのグローバル展開
株式会社ZMP 代表取締役社長 谷口 恒
ZMPは今後グローバルに事業を展開をしていきます。本講演では今後のグローバル展開の概要について説明を行い、各事業については各国のパートナーより講演いただきます。
【記者発表】10:10~
ZMPのグローバル展開 韓国との合弁会社設立
T-ROBOTICS CO., LTD. CEO Seung-Wook Ahn
株式会社ZMP 代表取締役社長 谷口 恒
韓国では、ロボット事業を行っているT-ROBOTICS CO., LTD.と合弁会社を設立し、韓国での事業展開をスタートします。その事業戦略についてご紹介します。
【記者発表】10:30~
ZMPのグローバル展開 ZMPベトナムの設立

ZMPベトナム 代表取締役社長 Ta Ngoc Huy Dong
株式会社ZMP 代表取締役社長 谷口 恒
ベトナムでは、エンジニアリングを中心とした合弁会社を設立します。その戦略についてご紹介します。
【記者発表】10:50~
ZMPのグローバル展開 中国での事業展開
Institute of Microelectronics, Chinese Academy of Sciences Deputy CTO Professor Jie Chen
株式会社ZMP 代表取締役社長 谷口 恒
中国では、中国科学院の陳博士と協力して、事業展開をスタートします。その事業戦略についてご紹介します。
7月25日(木)15:00~15:30
【記者発表】15:00~
宅配ロボットCarriRo® Deli 最新機能&パートナー企業様向け商用プログラムの発表
株式会社ZMP 代表取締役社長 谷口 恒
宅配ロボットCarriRo Deli 最新「G2 2019モデル」の進化ポイントと、実用化を目指すパートナー企業様向けの導入フロー、サービスメニューなどを発表します。
7月26日(金)10:30~12:00
【記者発表】10:30~
空港におけるトーイングトラクターの自動運転化
日本航空株式会社 グランドハンドリング企画部 部長 手島 康浩
株式会社ZMP 取締役事業統括 市橋 徹
国土交通省主催の空港制限区域内でのトーイングトラクター自動走行実証実験に、AIROが実施者として選定されました。AIROの一翼を担うZMPが実証実験の概要をご説明すると共に、協力会社として参加する日本航空が、地上支援業務の省力化・自動化に対する最新の取り組み、および今回の実証実験に向けた狙いをご紹介します。
【記者発表】11:00~
データ解析・分析プラットフォームRobo Data Platformの新しいサービスの発表
株式会社ZMP ロボリューション事業部長 龍 健太郎
データ分析プラットフォーム『Robo Data Platform』の新コンテンツをご紹介。実際に想定されるユースケースを基に複数のアプリケーションを連動させた実際の分析プロセスをお見せします。さらに、新しいサービス形態や今後の展望についてもご紹介します。
【記者発表】11:30~
ZMP、デジタルハーツ、ZEGによる新たな開発支援サービス事業の発表
株式会社デジタルハーツホールディングス 代表取締役社長CEO 玉塚 元一
株式会社ZMP 代表取締役社長 谷口 恒
宅配ロボットをはじめとするサービスロボットが、人手不足の社会課題への解決として期待される中、ロボット開発への投資が活性化しています。しかしサービスロボットが世の中で実装されるための検証試験などは、ロボット開発の知識のみならず計測システムやテストプロセスを含めたノウハウが必要となります。ZMPとデジタルハーツ社との合弁であるZEGでは、これらノウハウを結集したサービスロボット向けの新しいテストサービスを発表いたします。
TOPへ