自動運転の実用化へ Our Vision

私たちの描く未来

ZMPでは将来の自動運転が実用化された社会を描きながら、技術開発と実証実験を進めています。下記は私たちが描く自動運転が実現した社会のコンセプトムービーです。

認知・判断・操作 ~ 自動運転・自律移動に必要な、“ 目と頭脳 ”を自社開発

ZMPは、認知をつかさどる「目」と判断をつかさどる「頭脳」を、自社開発しています。目となるステレオカメラは、高感度CMOSイメージャーを使用し、同期・平行化・歪み補正などの前処理から、視差からの距離検出、オブジェクト検出などまで、自社開発。高速道路でのADASとは異なり、市街地走行では複雑な認識が必要です。他の交通、歩行者、など、さまざまな認識・予測が必要です。そのうえで、ローカリゼーションやナビゲーションなどを駆使して、自動走行を実現します。

公道実証実験

ZMPは、2014 年に愛知県の公道でドライバーが乗車した状態での自動運転の実証実験を開始、その後、当社オフィスのある東京都文京区、そして現在は、交通量が非常に多いお台場等の交通環境においてレーンチェンジや交差点右左折などの機能を開発、検証を行っています。2017年末には、全国初となるドライバーが運転席にいない状態での公道自動運転実証実験を実施。2020年の自動タクシーの実現に向けて、技術開発を加速してまいります。
TOPへ