物流・ロジスティクスを知る

物流・ロジスティクスについて

ここでは、現在の生活の便利さを支える物流・ロジスティクスについて解説していきます。

本ページでは、物流・ロジスティクスの概念や物流業界の課題、また課題に対するソリューションやZMPが提供する物流ソリューションの説明、また、物流業界におけるニュースや情報サイトについて触れています。

物流・ロジスティクスとは?

物流は、商品をある場所からある場所に届けて必要な時にその物が使える状態にする物の輸送を指す言葉です。

この物流は一般的に、輸送・保管・荷役・包装・流通加工・情報の6つの基本活動をさしており、それらを連携させて「使える状態」を作り出すことを指しています。

その一方で、ロジスティクスという言葉は、上記の物流の6つの基本活動を高度化し、各種物流情報を一元管理することで、各活動単体で考えるのではなく、経営管理のために物流全体を最適化を行うという違いがあります。

ロジスティクスと似た概念として、サプライチェーンマネージメント(SCM:Supply ChainManagement)というものの存在します。

物流は物の移動をする行為を示す言葉として使われていますが、実は、物流という言葉や60年ほど前にできた言葉で比較的歴史の浅い言葉でもあります。

言葉の定義は物流・ロジスティクスの基本情報のページにて詳細を説明を参照していただければと思います。

物流・ロジスティクスの基本情報について

物流業界の現状と課題

現在の日本社会は、少子高齢化やそれに伴う労働年齢人口の減少が大きな課題となっていますが、その影響を大きく受ける業界として物流業界が挙げられます。

また、ドライバーの高齢化が進む一方で、アマゾンなどのECサービス発展により、再配達や当日配送など配送スピード向上など便利な一方で、過剰なサービスが求められる時代になってきています。

そういった、日本の現状については、国土交通省の資料を基に物流・ロジスティクス業界の現状のページにて解説を行っております。

日本における物流業界の経済規模や業界の現状や抱える課題、各企業の取り組みなど物流・ロジスティクス業界の現状のページを参照していただければと思います。

物流・ロジスティクス業界の現状

物流の課題に対するソリューション

上記で説明したような物流業界の課題に対し、各企業から様々なソリューションが開発されサービスとして提供されています。

物流ソリューションとして、物流を構成する6つの基本活動に対して情報をハブにして横串でつなぎ効率化が行われています。

企業や社会で必要とされる製品やサービスの変化意図もない、サプライチェーンを取り巻く環境が変化し、ニーズや課題にリアルタイムに対応するため、各基本活動のプロセスだけでなく、プロセス全体の改善や改革が必要です。

物流ソリューションを構成する要素として、物流システムや物流ロボットなどについての解説も行っています。

詳細については、物流課題に対するソリューションのページを参照していただければと思います。

物流課題に対するソリューション

ZMPが提供する物流ソリューション

ZMPでは、物流ソリューションとして物の移動をより楽しく便利にするロボットを開発し販売しています。

自律移動機能を搭載した台車型物流支援ロボットCarriRo(キャリロ)や宅配ロボットサービスCarriRo Deli(キャリロデリ)、また自動運転車両を活用した開発支援サービスについて紹介しています。

ZMPの提供する物流ソリューション

物流業界に関するニュースや情報サイト

物流業界に関するニュースや情報サイトについて、参考となるメディアを集めました。物流・ロジスティクスに関する、ニュースや最新情報について下記ページで紹介います。

また、ZMPの物流製品のニュースなども紹介しています。詳細については下記をご覧いただければと思います。

物流業界に関するニュースや情報サイト
TOPへ