- プログラム一覧 -

 

メイン会場となる「月島スタジオ」では、ロボットの展示や製品・サービスの資料配布を行なっております。

住所:「月島スタジオ」
東京都中央区月島1丁目14-7

開催期間:7月20日〜22日(13:00 ~ 18:00)

入場料:無料

参加を検討されている方は、下記の「参加登録」ボタンより会場参加登録をお願いします。
※当日参加も可能
※体験会・導入説明会は事前予約制ですのでお気をつけください。

メイン会場(月島スタジオ)

導入検討者・新規事業開発者向け
体験会・導入説明会(事前予約制)

実際に導入を検討されている方や、ZMPの技術を体験されたい方向けに、体験会・導入説明会を開催しています。
※事前予約が必要となります。
※各体験会・説明会によって会場が異なる場合がありますので、予約の際は必ず会場をご確認下さい。

1. 歩行速ロボ三兄弟の導入相談会

東京都中央区月島・佃・勝どきエリアで運用中の「歩行速モビリティRakuRo」をはじめ、「宅配ロボDeliRo」、「警備ロボPATORO」の機能や導入プロセスを実機と共にご説明します。自動運転技術の体験としてラクロにも試乗体験が可能です。

<イベント内容>
 ・自動運転ロボットの製品概要および活用技術のご説明
 ・各ロボットの導入事例およびソリューションのご紹介
 ・実際に公道を走行しているロボットへの試乗体験
 ※試乗体験については雨天の場合実施できない可能性があります。

<開催地> 月島スタジオ(東京都中央区月島1-14-7)

<所要時間> 約30~60分

<費用> 無料

2. 自動運転バス実機見学会

ZMPにて開発している自動運転EVバス実機を展示します。当日は外観と、車室内をご覧いただき、無人自動運転システムなどについて詳しく詳細をご説明します。脱炭素の一貫でEVバスの導入を検討されている方から、最新の無人自動運転技術に触れたい方まで幅広くご参加可能です。

<イベント内容>
・ZMPが開発している自動運転EVバスの実車
・自動運転に使用しているセンサーや機器の実機
・EVバスの車室内の雰囲気をご体感

<開催地> 月島スタジオ(東京都中央区月島1-14-7)

<所要時間> 約60分 

<費用> 無料

3. 物流支援ロボットCarriRoシリーズ導入説明会

現在300社以上に導入されている物流支援ロボット「CarriRo」。実際の機体を「見れる」「触れる」「動かせる」体験会を実施し、自動化に向けたポイントをご紹介します。人手不足に悩む物流事業の方や、AGVの導入を検討されている方は是非ご参加ください。

<イベント内容>
CarriRo(台車型)の実機を使ったデモンストレーション
・独自の誘導方式「ランドマーク」のご紹介
・最新活用事例をご紹介

<開催地> 月島スタジオ(東京都中央区月島1-14-7)

<所要時間> 約30分 

<費用> 無料

4. ナビゲーションアプリEYECANの体験会

自動運転ロボットの技術を応用した、革新的なナビゲーションアプリ「EYECAN」の体験会を行います。
EYECANとは、視覚障害者の方の歩行をサポートするために、開発されているスマホアプリです。利用者は、EYECANアプリをスマートフォンにインストールしてご利用いただく想定です。自動運転ロボットの技術を使うことで、目の見えない方の自立歩行を目指しています。

<イベント内容>
 ・最新技術を応用したアプリケーションが体感できます。
 ・アプリに応用されている自動運転・自動走行ロボットの技術について知ることができます。

<開催地> ZMP 佃ベース(月島スタジオより徒歩5分)

<所要時間> 約20分 

<費用> 無料

 

オンラインでは7月20日〜7月22日までの3日間、午前中は「記者発表」をライブ配信、午後は「ZMPの事業紹介やパートナー講演」をオンライン配信いたします。

会場に来れない方でも、ZMPの事業についてや、共にロボタウンの推進を目指すパートナーの取り組み、実際にロボットを導入された方々の事例などを知ることができます。

※オンライン講演はプログラムスケジュールに沿って配信いたします。
※配信後は7月29日の18時までオンデマンド配信も行っております。

ライブ配信(記者発表)

新ロボットの発表や、ロボタウンを推進する新たな取り組み、パートナーとの発表を一部ライブ配信いたします。

【公開日程】
7月20日、21日、22日 10:00 ~ 12:30

【プログラム概要】
7月20日:主に自動運転技術に関する製品・サービス発表
7月21日:主にライフロボットに関する製品・サービス発表
7月22日:主に物流支援ロボットに関する製品・サービス発表

※メディア関係者は当日会場での取材が可能です。参加を希望される方は下記の「記者発表に関するメディアお問合せ」をご覧ください。

【記者発表】10:00~
視覚障害者歩行サポートアプリ「EYECAN(アイキャン)」の最新機能発表

株式会社ZMP 
代表取締役社長 谷口 恒 ロボハイ事業部長 河村 龍

EYECANは自動運転技術を活用した画期的なナビゲーションアプリで視覚障害者の方の歩行をサポートします。アプリで自分の現在位置を正確に把握し、目的地までのルートを確認できます。ルートの音声案内、物体検知、信号検知など歩行のサポート機能を備えています。
【記者発表】10:50~
新型無人重量物運搬けん引車ソリューションの発表

株式会社ZMP 
取締役 西村 明浩

現在社会課題になっている、物流の需要拡大及び労働力不足に対する、ZMPの屋外走行可能な無人重量物運搬けん引車導入に向けた新ソリューションを発表します。
【記者発表】11:10~
無人自動運転バスの新ソリューション発表

株式会社ZMP 
取締役 西村 明浩

ZMPで培った無人自動運転技術を様々なフィールドで使用される業務用大型車両へ適用できる新ソリューションの発表をします。
【記者発表】11:30~
業務用車両の無人自動化ソリューションの発表

株式会社ZMP 
取締役 西村 明浩

ZMPで培った無人自動運転技術を様々なフィールドで使用される業務用車両へ適用できる新ソリューションの発表をします。

【記者発表】11:50~
テストコース向け無人自動運転システムの発表

株式会社ZMP 
取締役 西村 明浩

変化の激しい自動車業界での研究開発の加速に向けた、テストコース上での信頼度の高い無人自動運転評価システムの発表をします。

【記者発表】10:00~
スマートホスピタルの発表~病院内の各種搬送業務をロボットで自動化~

株式会社ZMP 
代表取締役社長 谷口 恒
株式会社ZMP ロボセールス&ソリューション事業部長 龍 健太郎

病院内の配膳や薬剤の搬送業務の自動化として、新型ロボットおよびロボットマネジメントシステム『Robo-HI』によるソリューションを発表します。
【記者発表】10:45~
ENEOSロボットデリバリーの実運用に向けた最新の取り組み発表

ENEOSホールディングス株式会社 未来事業推進部 事業推進第3グループ シニアスタッフ 片山 裕太 氏
株式会社ZMP ロボセールス&ソリューション事業部 マネージャー 池田 慈

ENEOSによるロボットデリバリーサービスの社会実装に向けた取り組みを紹介します。
【記者発表】11:15~
ラクロの観光等ビジネスソリューションの発表

株式会社ZMP ロボセールス&ソリューション事業部長 龍 健太郎

ラクロを5GやVR/AR/XRおよびデジタルサイネージ等と組み合わせ、観光を中心としたサービス、ビジネスモデル、そして今後の計画を発表します。
【記者発表】11:45~
屋外で使える新型物流ロボットの発表

株式会社ZMP 
代表取締役社長 谷口 恒
株式会社ZMP ロボセールス&ソリューション事業部長 龍 健太郎

工場や物流倉庫だけでなく、ラストワンマイルにも活用できる搭乗型の物流支援ロボット『CarriRo Ride』の新製品発表を行います。

【記者発表】10:00~
可搬重量1トンのCarriRo新モデル発売

株式会社ZMP
ロボセールス&ソリューション事業部長 龍 健太郎
ロボセールス&ソリューション事業部マネージャー 黄 周琰

本体形状を変えず、モーター及び専用パレット台車のバージョンアップにより、1トンまでパワフル化を実現。飲料・重量系部品の搬送で活用いただけるモデルです。
【記者発表】10:30~
組み合わせ自由自在なAGV「CarriRo Basic」出荷開始

株式会社ZMP
ロボセールス&ソリューション事業部長 龍 健太郎
ロボセールス&ソリューション事業部マネージャー 黄 周琰

ベース車体に組み合わせるハンドル、UIハンドルまたはパレット積載オプションをお選びいただき、ベース車体の荷台にお客様の現場で使用されている棚やボックスなども搭載可能なモデルです。
【記者発表】11:00~
最大可搬重量5トン、無人けん引車 新モデル 「CarriRo® Tractor 5T」受注開始

株式会社ZMP
ロボセールス&ソリューション事業部長 龍 健太郎
ロボセールス&ソリューション事業部マネージャー 黄 周琰

「レーザー誘導方式」を採用し、路面への誘導ガイドの設置が不要、容易にルート設置や変更が可能な特徴を持っています。CarriRo Tractorと無人フォークリフトとの連携でパレット搬送の完全無人化を実現できます。
【記者発表】11:30~
ピッキング作業から建屋間搬送までCarriRoシリーズで完結

株式会社ZMP
ロボセールス&ソリューション事業部長 龍 健太郎
ロボセールス&ソリューション事業部マネージャー 黄 周琰

CarriRo 1トンモデル、CarriRo Fork、CarriRo Tractor5Tによるパレット完全無人搬送デモストレーションを実施します。外部機器との連携で倉庫・物流倉庫内搬送作業自動化を実現できます。

オンライン講演(ZMP発表・パートナー講演)

ZMPの事業についてや、共にロボタウンの推進を目指すパートナーの取り組み、実際にロボットを導入された方々の事例などをオンライン講演として配信いたします。

【公開日程】
7月20日、21日、22日 13:00 ~ 18:00

※オンライン講演はプログラムスケジュールに沿って配信いたします。
※配信後は7月29日の18時までオンデマンド配信も行っております。
※本配信コンテンツは、画像又は動画の無断転載、使用を禁止しております。

【ZMP発表】13:00~
ZMPの事業紹介

株式会社ZMP 
取締役 西村 明浩

自動運転、物流ロボット、ライフロボットと事業を拡げ、実用化を進めるZMPの「Robot of Everything」戦略を様々な事例を交えて紹介します。
【パートナー講演】13:30~
「配送高度化」に向けた配送ロボット活用の取り組み

日本郵便株式会社 オペレーション改革部 係長 伊藤 康浩 氏

「配送高度化」を掲げる日本郵便と連携し、2021年に実施したドローンと配送ロボットの連携実証について紹介します。
【ZMP発表】14:00~
自動運転ソリューション紹介

株式会社ZMP 
取締役 西村 明浩

様々なフィールドで活用が進む自動運転ソリューション。自動運転車両を用いた自動化実用に向けたZMPの取り組みやサービスについて紹介します。
【パートナー講演】15:00~
トラック待機対策だけじゃない!バース予約情報の活用術

株式会社シーイーシー 事業推進本部 営業企画部 グループマネージャー 今井 勝行 氏

バース予約システムで収集したトラック来場予定情報をCarriRoなどの搬送機器と連携すると、バース周りの搬送業務の自動化/効率化が可能です。バース管理システム「LogiPull(ロジプル)」でできる、車両受付、誘導、庫内搬送業務の効率化策をご紹介します。

【ZMP発表】16:00~
姫路ウォーカブル協議会の活動実績と今後の取り組み

株式会社ZMP ロボセールス&ソリューション事業部 大内 裕史

「歩きたくなるまちなかづくり」を進める姫路市において、姫路城を中心とした街中でラクロを活用したモビリティサービスを展開した事例を紹介します。
【ZMP発表】17:00~
テストコース向け無人自動運転システム「カートモ」の詳細と活用事例の紹介

株式会社ZMP 
ロボセールス&ソリューション事業部 塚田 健二

テストコース向け無人自動運転システム「カートモ」は、自動運転車両、路車間連携、遠隔監視までカバーする一気通貫したソリューションです。
高速域での無人自動運転を実現しているシステム全体像の紹介から自動運転のコアであるIZACの機能などを紹介します。
また、本システムをご活用されている株式会社ブリヂストンご担当者より、システムご使用のご感想やこれまでのプロジェクト推進などについてコメントをいただきます。
【ZMP発表】13:00~
ZMP の自動運転開発の過去・現在・未来

株式会社ZMP 
代表取締役社長 谷口 恒

ZMPの自動運転開発について、数々のきらめくサービスとともに、その歴史とこれからのビジョンについて紹介します。
【ZMP発表】13:30~
ROBO-HIが創る、ロボット・AI・人がつながる世界

株式会社ZMP ロボハイ事業部長 河村 龍

ロボット、ITシステム、設備をつなぎ自動化を実現する次世代デジタルインフラROBO-HI。人にやさしいロボット活用の最前線を紹介します。(協力:株式会社電通国際情報サービス オープンイノベーションラボ)
【ZMP発表】14:00~
自動運転ロボットを活用した医療ベルト構想の紹介

株式会社ZMP ロボセールス&ソリューション事業部 高橋 里奈

東京都中央区の佃・勝どきエリアにて地域の高齢者施設と医療機関をラクロでつなぐ『医療ベルト』構想を紹介します。
【パートナー講演】15:00~
空港における自動運転技術の導入について

AiRO 株式会社 
代表取締役 武智 聡 氏

丸紅株式会社と株式会社ZMPの共同事業、AiRO株式会社における空港内自動運転車両開発についての講演。コロナウィルスで一変した航空産業の「回復フェーズ」に向け、空港オペレーションにおける自動運転技術の活用余地、省人化による人材不足解消策を過去の実証実験や新しい取り組みと共に紹介。
【ZMP発表】16:00~
あらゆる工場・物流で活用できるCarriRoシリーズ製品のご紹介

株式会社ZMP 

CarriRoシリーズ製品(AGV/AMR、CarriRo Fork、Tractor5T)の活用により、倉庫・工場内の入荷から製品出荷、建屋間の搬送等さまざまなシーンで自動化による省人化と作業の効率化をはかることが可能です。
さらに、クラウドサービスROBO-Hiを利用することで生産性の把握や複数台の機体を協調制御し、シリーズ間の連携、外部機器及びシステム連携することができます。
CarriRoシリーズ製品の紹介及びROBO-Hiの活用方法を紹介します。

【ZMP発表】17:00~
歩行速ロボット3兄弟の紹介

株式会社ZMP ロボセールス&ソリューション事業部 赤井 龍馬

ZMPが提供する歩行速ロボット3兄弟の技術概要および導入事例を紹介します:無人宅配ロボ「デリロ」、歩行速モビリティ®「ラクロ」、無人警備・消毒ロボ「パトロ」
【ZMP発表】13:00~
ZMPの事業紹介

株式会社ZMP 
取締役 西村 明浩

自動運転、物流ロボット、ライフロボットと事業を拡げ、実用化を進めるZMPの「Robot of Everything」戦略を様々な事例を交えて紹介します。
【ZMP発表】13:30~
RoboCarをはじめとした実車自動運転ソリューションの紹介

株式会社ZMP 
ロボセールス&ソリューション事業部 塚田 健二


販売している実車タイプRoboCarシリーズラインナップを始めとして、25tの大型けん引車や業務車両用の新ソリューションまでを一気通貫して紹介します。IZACを軸に展開している自動運転ソリューションと共通した技術内容、今後の方向性も交えて発表致します。
【ZMP発表】14:00~
研究開発DXの第一歩、データの可視化・共有・AI活用

株式会社ZMP ロボハイ事業部 小野 画之介

自動運転や製造業の研究開発のDXを推進する、データプラットフォームRDPの最新機能を紹介します。
【パートナー講演】14:30~
物流DXの推進 無人倉庫への挑戦~キャリロとキャリロフォークの連携、ロボットとエレベーターの連携について~

フジテック株式会社 生産本部国内物流部 佐藤 雄大 氏 矢島 将希 氏

CarriRo AD+パレットタイプを活用した倉庫内の自動搬送について紹介します。導入の経緯から様々な現場での工夫、そして導入の効果に至るまで説明します。さらに、無人フォークリフトの導入と自動搬送機との連携についてなど、庫内作業を自動化するための様々なソリューションの活用とロボットとエレベーター連携の展望について紹介します。
【パートナー講演】15:00~
ロボットを活用したフードデリバリーサービス実証について

ENEOSホールディングス株式会社 未来事業推進部 事業推進3グループ シニアスタッフ 片山 裕太 氏

ENEOS・エニキャリ・ZMPの3社で2022年2月に実施したデリバリーサービス実証の結果について紹介します。
【ZMP発表】16:00~
自動運転・ADASの研究開発におけるZMPソリューションの紹介

株式会社ZMP 
ロボセールス&ソリューション事業部 垣内 将馬

自動運転技術開発用RoboCar、データ計測ソリューションRoboTest、各種センサ類など、自動運転・ADASの研究開発を支援する製品・ソリューションについて紹介します。
【ZMP発表】17:00~
CarriRo導入事例紹介

株式会社ZMP
ZMP 福岡 所長兼ロボセールス&ソリューション事業部 横山聖弥

物流支援ロボットCarriRoシリーズの中から台車タイプ、パレット搬送タイプの導入事例をご紹介します。
TOPへ