中部国際空港における小型EVバス自動走行実証について

丸紅株式会社と株式会社ZMPの合弁会社であるAiRO株式会社が、国土交通省航空局主催の空港制限区域内の自動走行に係る実証実験において、2019年12月16日~12月18日の3日間、自動走行車両による実証実験を実施いたしました。

下記にて、概要を紹介しております。

実証実験の概要

本実証実験では、バスによる乗客の輸送を想定したルートをZMPが開発した自動走行車両「RoboCar® Mini EV Bus」で走行いたしました。RoboCar® Mini EV BusはZMPのRoboCarラインナップに新たに加わったANKAI社製のEV(電気自動車)バスをベースにした車両です。

AiRO株式会社が「国土交通省航空局主催の空港制限区域内の自動走行に係る実証実験」の実施者として、本実証実験を実施し、ZMPが開発した自動運転車両RoboCar® Mini EV Busを用い、自動走行車両による試験を行いました。
ターミナル停車する自動走行小型EVバス
今回新たに、画像認識などのAI技術を用いた航空機検知機能による世界初の誘導路横断の自動判断システムや、遠隔でドア開閉などのオペレーションを行うなど、より実運用に近い技術・サービス検証を行いました。

ZMPは今後、空港制限区域内における自動走行バスの導入を進めると共に、自動走行車両および付随サービスの商品化・販売の検討に向けた取り組みを推進していきます。

実証実験の走行動画

中部国際空港制限区域内での自動走行実証実験の様子

実証実験の様子

自動走行小型EVバスイメージ
リモートコントロールセンターの様子

RoboCar® Mini EV Busについて

RoboCar® Mini EV Busは、中国ANFUI ANKAI AUTOMOBILE社製の小型EVバスをベースにユーザーが外部装置(PCや専用装置)より制御信号を入れることで制御ができるようにZMPの制御装置を組み込んだ自動運転用の車両装置です。ZMPが開発する自動運転コンピューターIZAC®を搭載し、人員輸送や荷物輸送の無人化にむけたサービスの構築に活用いただけます。

また、クラウドシステムROBO-HIとの連携により、遠隔監視や遠隔指示などのフリートマネージメントサービスなどにも対応しております。

製品の詳細については、下記よりご参照いただければと思います。
RoboCar Mini EV Bus
乗車定員を11名としたバスの特徴を生かし、より多くの人を自動運転で運ぶことが可能です

製品のお問い合わせはこちら

TOPへ
03-5844-6210