空港リムジンバス・自動運転タクシー・自動運転モビリティを活用した
公道MaaS実証実験動画

本実証実験は、2020年1月20日(月)~2月1日(土)の期間サービスを行い無事に終了いたしました。

下記動画では、本実証を利用したインバウンド(外国から日本へ来た)旅行者の利用イメージがご覧いただけます。
取り組みの詳細につきましては、下記をご覧ください。

空港リムジンバス・自動運転タクシー・自動運転モビリティを活用した
公道MaaS実証実験プロモーション動画

世界初、自動運転タクシー&自動運転モビリティを活用した空港から丸の内店舗までのMaaS実証実験

-空港からラストワンマイルまでの移動サービスを実証-

東京空港交通株式会社(以下、東京空港交通)、東京シティ・エアターミナル株式会社(以下、T-CAT)、日本交通株式会社(以下、日本交通)、日の丸交通株式会社(以下、日の丸交通)、三菱地所株式会社(以下、三菱地所)、株式会社JTB(以下、JTB)、株式会社 ZMP(以下、ZMP)の7社は、東京都事業である 『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』 に基づき、MaaSを活用して空港リムジンバス、自動運転タクシー、自動運転モビリティを連携させた都市交通インフラの実証実験を2020年1月20日(月)~2月1日(土)に行いました。
空港リムジンバス降車
自動運転タクシードア解錠
自動運転タクシー(日の丸交通)
自動運転タクシー(日本交通)
自動運転モビリティ ロック解除
自動運転モビリティ 走行中

本実証実験は、成田空港/羽田空港と東京シティエアターミナルを結ぶ空港リムジンバス、自動運転タクシー、自動運転モビリティを連携させることで、空港から丸の内エリアの店舗までへのスムーズな移動を目指しました。自動運転タクシーの走行区間は、東京シティエアターミナル(東京都中央区)と丸の内パークビル(東京都千代田区)を結ぶ約3kmで、日本交通と日の丸交通がタクシーサービスを提供、空港リムジンバスと自動運転タクシーを組み合わせたサービスの提供を通じて、JTBがMaaSの概念に適応した新たな旅行サービスの商品化に関する検証を行いました。また、自動運転タクシーの発着に合わせ、三菱地所丸の内パークビル及び丸の内仲通りにおいて、自動運転モビリティの実証実験を行いました。空港リムジンバスと自動運転タクシー、自動運転モビリティが連携したサービスは世界初の試みとして実施しました。

実施概要


実施時期/期間

空港リムジンバス-自動運転タクシーのMaaS実証実験:

 

 2020年1月20日(月)~同年2月 1日(土)10:00~17:00

 

空港リムジンバス-自動運転タクシー-自動運転モビリティのMaaS実証実験:

 

 2020年1月20日(月)~同年1月24日(金)11:00~15:00

自動運転タクシー走行ルート

丸の内パークビル(東京都千代田区)-東京シティエアターミナル(東京都中央区)間(約3km)

自動運転タクシー車両

ミニバンタイプ(ZMP RoboCar® MiniVan)2台

自動運転モビリティ走行ルート

丸の内パークビル敷地内及び丸の内仲通りの一部

自動運転モビリティ

一人乗り自動運転モビリティ(ZMP Robocar® Walk)

 

成田空港発着旅行代金

羽田空港発着旅行代金

自動運転タクシー料金

成田空港-丸の内パークビル 一人あたり 3,800円(税込)

羽田空港-丸の内パークビル 一人あたり 1,600円(税込)

T-CAT-丸の内パークビル(自動運転タクシーのみ)

1,000円(税込)+200円(旅行業務取扱料金):合計1,200円

参加申込

申込受付は終了いたしました

利用方法 ウェブより申込後、抽選により予約可能者を決定します。予約可能者は

スマートフォン等で予約を行います。利用日当日は専用アプリを用いて

リムジンバス、自動運転タクシー、自動運転モビリティへ乗車頂きます。

主催者

東京空港交通株式会社、東京シティ・エアターミナル株式会社、

日本交通株式会社、日の丸交通株式会社、三菱地所株式会社、

株式会社JTB、株式会社ZMP

本プロジェクトにおける各社の役割

 自動運転タクシー開発、自動運転モビリティ開発・運行  ZMP
 自動運転タクシー運行  日本交通、日の丸交通
 空港リムジンバス運行  東京空港交通
 施設提供  三菱地所、T-CAT
 MaaSに適応した旅行サービス化検討・販売  JTB

自動運転タクシーの走行エリア

地図出典:国土地理院ウェブサイト(https://maps.gsi.go.jp/)標準地図を加工して作成

TOPへ