自動運転・ADASを知る

3D-LiDAR 自動運転・ADASを知る 用語集

ZMPの自律移動や自動運転、ADASに関する用語をまとめております。

3D-LiDAR

3D-LiDARとは、3次元状に光を照射し、センサ周辺の距離からその場所の形状やセンサ位置の把握に活用されるセンサである。光を照射して距離を計測するLiDARセンサが機械的に回転して、360度の全周囲の距離計測が可能なものや、ソリッドステート式と呼ばれるタイプなどが存在する。

ZMP関連商品

ZMPでは、自動運転でよく活用される3D-LiDARを取り扱っております。 その種類としては、特殊な光の飛ばし方により、高密度な点群が取得可能なコニカミノルタ製の3D-LiDARと、RoboSense社製の3D-LiDARの取り扱いがございます。 製品の詳細については関連製品のページをご確認いただければと思います。

RoboSense 3D-LiDAR
RoboSense社製 最大32レイヤーの360°計測可能なレーザーレーダー。夜間でもリアルタイムで高精細な三次元情報を提供。
コニカミノルタ製3D-LiDAR
最大24レイヤー、水平画角最大120°の広範囲のスキャンが可能なLiDAR
TOPへ