自動運転・ADASを知る

シーン分け 自動運転・ADASを知る 用語集

シーン分けとは、自動運転やADAS開発を行う上で取得したデータを走行時のシーン別に分けることである。ADASなどの開発においては、支援するシーンがそれぞれ異なるため、大量に計測した走行データなどはシーン別に分けることで、開発に必要なデータを参照しやすくし、開発の効率を向上させることが出来る。

シーン分け

オートパイロット(英語: autopilot)あるいは自動操縦とは、乗り物を、人の手によってではなく、機械装置により自動的に操縦する装置・システムを指す名称である。自動車業界においては、前車追従走行・レーンキーピングアシストなど自動運転のレベル2相当の技術が提供されている。

ZMP関連商品

走行シーンの分類をより効率的に行うため、ZMPでは新しいサービスとしてロボデータプラットフォーム(RDP)を提供しております。このサービスでは、車両の走行データから直進、右左折などの走行シーンを自動で分類する機能が搭載されています。

RDP(ロボデータプラットフォーム)
計測データを任意に解析・分析できる環境を提供
TOPへ