自動運転・ADASを知る

走行支援道路システム 自動運転・ADASを知る 用語集

ZMPの自律移動や自動運転、ADASに関する用語をまとめております。

走行支援道路システム

AHSは、Advanced Cruise-Assist Highway System の略で、日本語では走行支援道路システムと呼ばれている。また、Automated Highway System の略で、自動道路システムと訳していることもある。どちらの場合でも、ITS(高度道路交通システム)の一部を担うもの。  AHSは、道路情報を車に伝えることで事故を防止するシステム。たとえば、カーブの先に故障車が止まっているとしよう。そんなときも、AHSが普及すればカーブの手前から警報が出て危険を察知できる。  将来的には、危険を察知すると自動的にブレーキをかけたり、道路情報を収集しながら自動運転するシステムまで想定されている。  段階的に、情報を収集する AHS-i(Information)、運転制御の一部を行なう AHS-c(Control)、完全な自動運転をする AHS-a(Automated cruise)がある。

TOPへ