自動運転・ADASを知る

タグ付け 自動運転・ADASを知る 用語集

タグ付けとは、取得したデータを分類するためにカテゴリーや種別を付する行為。計測したデータなど、開発で参照するためには、データの分類が開発を効率化するために大切な行為となる。

タグ付け

タグ付けの作業については、走行データに自動でタグ付けを行うことが出来るデータ解析プラットフォームのロボデータプラットフォーム(RDP)を提供しています。 車両情報による走行シーン分けや計測した車載カメラ画像から検出した要素を画像と紐づけて、解析時に参照できるタグ付けなどがプラットフォームのアプリケーションを通じて行えます。 ロボデータプラットフォームを活用したデータ解析については関連製品のページをご覧いただければと思います。

ZMP関連商品

走行シーンの分類をより効率的に行うため、ZMPでは新しいサービスとしてロボデータプラットフォーム(RDP)を提供しております。このサービスでは、車両の走行データから直進、右左折などの走行シーンを自動で分類する機能が搭載されています。

RDP(ロボデータプラットフォーム)
計測データを任意に解析・分析できる環境を提供
TOPへ