製品・サービス Products

スーパーシティ・スマートシティ向けモビリティサービス

ZMPは、「スーパーシティ・スマートシティ」構想向けのモビリティサービスを提供しています。

サービス概要

本サービスは、自動走行技術・自動配送技術を活用し、人とモノの移動を最適化するサービスです。
公道や特定エリア内での人の移動を担う小型EVバスタイプRoboCar® Mini EV Bus、SUVタイプRoboCar SUV、ミニバンタイプRoboCar MiniVanといった自動運転車両、公道(歩道)とビル・施設内を歩行速で移動し人の移動・モノの配送・警備を担う歩行速ロボ®三兄弟「ラクロ®」「デリロ®」「パトロ®」、そして、バックヤードでのモノの移動を担う物流ロボットCarriRo® シリーズをラインナップ。これらのモビリティは、自動で走行するため、運転操作が不要であり、また、目的地まで人を介さずにモノを届ける事が可能なため、コロナ禍における非接触のサービスとしても注目を集めています。

これらのモビリティはすべてロボットマネジメントプラットフォーム「ROBO-HI®」に接続、各モビリティの監視と最適な配置が可能であり、高度な自動走行システムの運用を効率的に行うことができます。ROBO-HIはAPI連携に対応し、スーパーシティ・スマートシティを実現する様々なITサービス基盤とデータ連携が可能です。

現在、全国各地で構想が進められている「スーパーシティ・スマートシティ」に求められる、「住民目線でよりよい暮らしを実現する」という目的の達成に向け、ZMPは自動運転モビリティサービスにより貢献をいたします。
スーパーシティ・スマートシティ向けモビリティサービスのイメージ

RoboCarシリーズ

RoboCarシリーズは、都心部公道での自動運転タクシーなど次世代のモビリティサービスの実証で活用されています。

Life Robot Brothers(歩行速ロボシリーズ)

一人乗りロボ「ラクロ」は、既に東京都中央区で住民向けのシェアリングサービスを実施し、その他に姫路市や奈良市での観光客向けサービスや土浦市では郊外の住宅地での社会実証が進められています。

宅配ロボ「デリロ」は日本郵便やENEOSと公道での社会実証が行われています。様々な社会のニーズに合わせ、自動運転によるサービスはすでに街の中で実用化されはじめています。

物流支援ロボットCarriRoシリーズ

物流支援ロボットCarriRoシリーズは、工場・物流施設などで既に200社以上に導入され、ホテルなどでもご利用頂いています。

お問い合わせ

ご購入をご検討いただいているお客様には無償でサンプルデータの提供が可能です。
その他ご質問・ご不明点がございましたら、以下よりお気軽にお問合せ下さい。
TOPへ